沢田研二×菅田将暉×宮本信子×永野芽郁『キネマの神様』キャラビジュアル公開

 山田洋次監督作『キネマの神様』のキャラクタービジュアルが公開された。

 本作は、松竹映画100周年記念作品として製作される人間ドラマ。原田マハによる同名小説を原作に、“映画の神様”が沈みかけた家族に奇跡をもたらす物語となる。

 ダブル主演としてゴウを演じるのは、故志村けんの遺志を継ぐ沢田研二と菅田将暉。ゴウの妻・淑子を宮本信子、若き日の淑子を永野芽郁が演じる。

 主人公のゴウは、無類のギャンブル好きで、家族にも見放されたダメ親父。日々ギャンブルに明け暮れるゴウだが、実は一つだけ賭け事以外の趣味がある。それは“映画”。大好きな“映画”を語る時、ゴウは活き活きとし、そのまなざしは愛に満ち溢れる。公開されたビジュアルの中のゴウも穏やかで、かつて自分が辿った“銀幕の旅路”に思いを馳せているようにも思える。対して若き日のゴウはカチンコを片手に映画制作に全身全霊を傾ける力強い視線を放っている。また、ゴウの妻・淑子の愛情あふれる笑顔が切り取られている。

■公開情報
『キネマの神様』
2021年公開予定
監督:山田洋次
脚本:山田洋次、朝原雄三
原作:原田マハ『キネマの神様』(文春文庫刊)
出演:沢田研二、菅田将暉、永野芽郁、宮本信子ほか
配給:松竹
(c)2021「キネマの神様」製作委員会
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama/