稲垣吾郎『ほんとにあった怖い話』今年はハロウィーンに放送へ ドラマパートには伊藤健太郎が登場

稲垣吾郎『ほんとにあった怖い話』今年はハロウィーンに放送へ ドラマパートには伊藤健太郎が登場

 『ほんとにあった怖い話 2020特別編』が10月31日の21時からフジテレビ系土曜プレミアムで放送されることが決定した。

 実際に人々が体験した怖い話をリアルに描くリアルホラーエンターテインメントであり、“夏の風物詩”でもある『ほん怖』は、1999年に放送をスタートしたオムニバス形式の実録心霊ドラマ。一般の人の身に実際に起こった心霊体験を基に、心底怖いゾッとする恐怖と、その恐怖や不安に翻弄されつつも立ち向かっていく人々の姿を描く。今回のハロウィーンでの放送は、21年間の『ほん怖』の歴史の中で初めてのこととなる。

 本作のドラマパートの一つ「探偵の手記」で主演を務めるのは伊藤健太郎。今回が『ほん怖』初出演にして初主演となる。伊藤が演じるのは、探偵の仕事を始めて間もない棚橋和也。彼のもとに、元恋人である“髪の長い女”を調査してほしいと大森真司(勝村政信)が訪れる。大森は、その女の度重なる嫌がらせに悩んでいた。和也は上司の市川守(吉田鋼太郎)と交代で張り込み調査を開始。何も進展がないまま数日が過ぎた頃、「女が現れた」と大森からクレームが入る。しかしその日、女が外出した様子はなかったため、和也は不審に思う。そして調査最終日、女を見かけた和也は、慌てて尾行を始めるが……。

 伊藤は本作への出演について、「実はホラーは苦手で、見ることも出演することも避けてきたジャンルだったので、台本を読む前からドキドキしました。“髪の長い女”と聞いた時点でゾクッとしました」とコメント。しかし「苦手とするジャンルへの挑戦としたい」と語り、『今日から俺は!!劇場版』以来となる吉田鋼太郎との共演に「(吉田さんとは)久しぶりにお会いしました。つい最近、お酒の席にいらした鋼太郎さんから電話がかかってきたのですが、その時のことをまず謝られて(笑)。鋼太郎さんのことは大好きですし、『今日から俺は!!』の時は共演シーンがあまりなかったので、今回がっつり一緒にお芝居できることを楽しみにしていましたし、すごくうれしいです」と語った。

 なお、稲垣吾郎をクラブリーダーとした“ほん怖クラブ”も健在。その他のキャストについては、後日発表される予定だ。

総合プロデュース・後藤博幸(フジテレビ第一制作室)コメント

21年目を迎えた『ほん怖』は初のハロウィーン当日にお届けします。日本でもここ数年、ハロウィーンに向け繁華街では異常な盛り上がりを見せますが、今年は“密”を避ける意味でも是非ご自宅で『ほん怖』をご覧いただき、“ハロウィーン&ホラー”ムードをご堪能ください! 今注目の若手、伊藤健太郎さんが吉田鋼太郎さんとバディを組み怪奇現象に巻き込まれる“探偵の手記”はじめ、今年も怖すぎてワクワクする実録心霊ドラマをお届けします。コロナ禍でモヤモヤした心を、『ほん怖』の恐怖で吹き飛ばしスッキリしていただけたら幸いです。


■放送情報
土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2020特別編』
フジテレビ系にて、10月31日(土)21:00~23:10放送
『ほん怖』クラブリーダー:稲垣吾郎
『探偵の手記』出演:伊藤健太郎、勝村政信、吉田鋼太郎
原作:『ほんとにあった怖い話』(朝日新聞社)、『HONKOWA』 (朝日新聞出版)
総合プロデュース:後藤博幸
プロデュース:古郡真也(FILM)
演出:下畠優太ほか
脚本:酒巻浩史ほか
制作・著作:フジテレビ
(c)フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/honkowa/
公式Instagram:https://www.instagram.com/honkowa_fujitv/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる