『ブラックパンサー』はチャドウィック・ボーズマン以外あり得なかった 早すぎる死を悼む

 8月28日、とても悲しいニュースが飛び込んできました。俳優のチャドウィック・ボーズマンさんが43歳という若さで天に召されたのです。この記事はチャドウィック・ボーズマンさんを偲ぶためのものです。最初に申し上げたいのは、僕は主にアメコミ映画を専門とするライターですから、僕にとってチャドウィック・ボーズマンさんと言えば『ブラックパンサー』なのです。ここでは『ブラックパンサー』を振り返ることで、チャドウィック・ボーズマンさんの素晴らしさを称えたいと思います。もちろん『ブラックパンサー』はボーズマンさんが参加した重要な作品の一つではあるけれど、すべてではありません。俳優さんというのはたくさんのドラマや映画にチャレンジされているわけですから、一つの役柄だけ取り上げて語ったとしても、その人の偉大さのほんの一部をご紹介するだけです。

 しかし『ブラックパンサー』という作品はアメコミ映画史において極めて重要な作品であり、『ブラックパンサー』が名作になりえたのはチャドウィック・ボーズマンさんがこのヒーローに命を与えたからなのです。

 今、アメリカの映画興行記録における歴代ベスト10を挙げるとこのようになります。

1位『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(9億3666万ドル強)
2位『アベンジャーズ/エンドゲーム』(8億5837万ドル強)
3位『アバター』(7憶6050万ドル強)
4位『ブラックパンサー』(7憶4万ドル強)
5位『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(6億7881万ドル強)
6位『タイタニック』(6億5936万ドル強)
7位『ジュラシック・ワールド』(6億5227万ドル強)
8位『アベンジャーズ』(6億2335万ドル強)
9位『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(6億2018万ドル強)
10位『インクレディブル・ファミリー』(6億858万ドル強)

 この数字をみてもわかる通り、『ブラックパンサー』は数あるヒーロー映画の中でもダントツの成功作なのです。翌年のアカデミー賞作品賞にノミネートされる快挙(アメコミヒーロー映画がノミネートされることはこれまで奇跡に近かった)まで成し遂げました。

 つまり『ブラックパンサー』は、人気のアメコミヒーロー映画という枠を超えて、社会現象にまでなった作品というわけです。

 なにがこの作品をブーストさせたのか? それは本作が黒人監督×黒人が出演×黒人のヒーローが活躍するという黒人映画でもあったからです。言い方を変えれば『ブラックパンサー』というのは史上最も成功した黒人映画です。

 映画『ブラックパンサー』の原作となる、マーベル・コミックのブラックパンサーは1966年にデビューしました。ソロデビューではなく『ファンタスティック・フォー』という、当時のマーベルを代表するヒーロー・コミックのあるエピソードに登場します。

 『ブラックパンサー』が画期的だったのは、アメコミ史上初の黒人ヒーローだったということです。マーベルは今までのヒーロー像(いわゆるマッチョな白人)とは違うタイプの人物を積極的にヒーローとして描いてきました。1962年のスパイダーマンはやせっぽちのオタクな高校生。1963年のX-MENのリーダー、プロフェッサーXは車いす、1964年のデアデビルは盲目とハンディキャップを持った人物がヒーローでした。1970年代には当時の女性の社会的地位向上を目指した動きに答える形でミズ・マーベル(後のキャプテン・マーベル)がデビューしています。いまで言うダイバーシティを先取りにしていたわけです。

 ブラックパンサーが誕生する1966年の少し前に、キング牧師らによる黒人への人種差別撤廃を求めた公民権運動がピークを迎えます。こうしたムーブメントを受けて、マーベルも黒人ヒーローを世に贈り出したのでしょう。ブラックパンサーのデビューの後、キャプテン・アメリカの相棒となるファルコン、ニューヨークの街で活躍するルーク・ケイジ、吸血鬼ハンターのブレイド、X-MENのストーム(コミックではブラックパンサーと結婚したこともあります)らの黒人ヒーローがマーベルでデビュー。またDCも、3代目グリーン・ランタンは黒人のジョン・スチュワートが登場するのです。ブラックパンサーがこれらの黒人ヒーローの先駆けであったのは間違いないのですが、もう一つ彼には他の黒人ヒーローにはない大きな特長がありました。