田中裕子が東出昌大に対する想いを吐露 沖田修一監督作『おらおらでひとりいぐも』予告編

 沖田修一監督が田中裕子主演で映画化する『おらおらでひとりいぐも』の公開日が11月6日に決定し、予告編が公開された。

 本作は、55歳で夫を亡くした後、息子の勧めで小説講座に通い始め、主婦業の傍ら執筆した若竹千佐子の同名小説を映画化したもの。75歳でひとり暮らしをしている主人公“桃子さん”を、映画『いつか読書する日』以来15年ぶりに映画主演を務める田中が演じる。そして、桃子さんの「娘の時代」「妻の時代」を蒼井優が二人一役で担当。そのほか東出昌大、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎らが出演する。

映画『おらおらでひとりいぐも』予告編

 公開された予告編では、沖田監督が初めて作詞に挑戦し、ハナレグミが歌う主題歌「賑やかな日々」の音楽が流れるなか、お茶をすすり、病院や図書館に行き、一人でごはんを食べる桃子さんが登場。そして日常に突如、若かりし日の思い出とユニークで軽やかな桃子さんの時間が溢れ出す。その後、子どもも巣立ち、これから夫婦でまた暮らそうという時に逝ってしまった最愛の夫・周造(東出昌大)に対する想いを吐露する桃子さんの歌唱シーンが映し出されている。

 ひとり暮らしの桃子さんの日常を彩る食卓を『かもめ食堂』『深夜食堂』のフードスタイリスト・飯島奈美が手掛け、桃子さんのイマジネーションを『君の名は。』の回想パート、『この世界の片隅に』の劇中水彩画を担当した四宮義俊がアニメーションで、『横道世之介』『関ヶ原』のオダイッセイがVFXで活写している。

■公開情報
『おらおらでひとりいぐも』
11月6日(金)公開
出演:田中裕子、蒼井優、東出昌大、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎、田畑智子、黒田大輔、山中崇、岡山天音、三浦透子、六角精児、大方斐紗子、鷲尾真知子
脚本・監督:沖田修一
原作:若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社刊)
音楽:鈴木正人
主題歌:ハナレグミ「賑やかな日々」(スピードスターレコーズ)
配給:アスミック・エース
製作:『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
(c)2020「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
公式サイト:http://oraora-movie.asmik-ace.co.jp/