『エール』裕一と音の切っても切れない関係性 新人作曲家役の野田洋次郎も初登場

『エール』裕一と音の切っても切れない関係性 新人作曲家役の野田洋次郎も初登場

 連続テレビ小説『エール』(NHK総合)第28回は、裕一(窪田正孝)の知らぬ間に、音楽への道の兆しが見え隠れする回となった。

 家族を省みながら夢を追いかけるため、音(二階堂ふみ)に別れを告げた矢先、夢への頼みの綱であった留学までもがなくなり裕一は憔悴しきっていた。そんな状況を三郎(唐沢寿明)は音に手紙で伝えていた。

 音は、福島を訪れる決意をする。お互い別れを告げられても会いに行く。2人はすでに切っても切れない関係となっていた。それだけお互いへの想いが強いことが窺える。

 一方の裕一は、淡々とした面持ちで仕事に向かう。それは仕事をすることで、音楽への決別を強引にでも受け入れようとしているようにも、音楽の道を諦めることにどこか覚悟を決めたようにも見えた。

 音が古山家にやってくる。裕一が川俣銀行に向かったことを聞きつけ向かうが、そこに裕一の姿はない。裕一がいつもとは別方向である教会に向かったことを新たに知った音は、すぐさま教会を訪れ、幼少期の頃に教会で歌ったことを反芻した。そしてそこには裕一がいたのだ。

 音は「子供の頃にここで歌ったことがある」と伝えると、裕一は子供の頃にすでに音と出会ったことをここで知る。「きっと道はある。諦めないで」と音は自分の想いを伝えると、裕一は「僕はひどい男で、あなたに会う資格はない。あなたにはもっと相応しい人がいる」と伝えたが、音はそれに対して「きっと運命よ」と巡り巡って出会ってきたお互いのことと音楽のことについて裕一に訴えた。

 吟(松井玲奈)の縁談にて、レコード会社であるコロンブスレコードの存在を知った音。しかし、ディレクター・廿日市誉(古田新太)に意気揚々と裕一のことを伝えるもに断られてしまう。その後もレコード会社を片っ端から回ったが、いずれにも断られてしまい、その道の厳しさを知ることになる。レコード会社から断られ続けて諦めかけていた音に、光子(薬師丸ひろ子)は「一度お願いして無理だったらまたお願いすればいい」と固いかみなりおこしを噛みちぎり、諦めずに向き合っていくことを訴えた。

 第28回では、ついに古田新太とマンドリン部を率いていた期待の新人作曲家・木枯正人役として野田洋次郎が登場し話題となり、コロンブスレコードの大本に触れる投稿がSNS上には溢れ、いずれもトレンド入りを果たした。

 裕一が知らぬ間に、色々な話が裏で進んでいる。裕一とコロンブスレコードの契約の行方、それによって裕一はこれからどうなっていくのか。そしてまた、裕一と音楽は切っても切れない関係になっていることを改めて予感させる回となった。

■岡田拓朗
関西大学卒。大手・ベンチャーの人材系企業を経てフリーランスとして独立。SNSを中心に映画・ドラマのレビューを執筆。エンタメ系ライターとしても活動中。TwitterInstagram

■放送情報
連続テレビ小説『エール』
NHK総合にて、3月30日(月)より放送開始
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45、(再放送)11:00〜11:15
※土曜は1週間を振り返り
出演:窪田正孝、二階堂ふみ、薬師丸ひろ子、菊池桃子、光石研、中村蒼、山崎育三郎、森山直太朗、佐久本宝、松井玲奈、森七菜、柴咲コウ、風間杜夫、唐沢寿明ほか
制作統括:土屋勝裕
プロデューサー:小西千栄子、小林泰子、土居美希
演出:吉田照幸、松園武大ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/yell/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる