沖田修一監督『子供はわかってあげない』ポスター&特報公開 豊川悦司、千葉雄大ら追加キャストも

沖田修一監督『子供はわかってあげない』ポスター&特報公開 豊川悦司、千葉雄大ら追加キャストも

 沖田修一監督最新作『子供はわかってあげない』より、ティザービジュアル2種と特報映像が公開され、あわせて追加キャストが発表された。

 本作は、「マンガ大賞2015」で2位にランクインし話題を呼んだ、田島列島の長編デビュー作を、『南極料理人』『横道世之介』『モリのいる場所』などで知られる沖田監督が映画化するもの。

 もうすぐ夏休みのある日、高校2年の美波は水泳部の練習中に、ちょっと変わった書道部員のもじくんと学校の屋上で運命的に出会い、思いもよらない父親探しの旅が始まる。初めての恋、秘密の家族……様々な出会いで美波は成長していく。

 主人公の美波を演じるのは、昨年『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)や『いだてん~東京オリムピック噺~」(NHK総合)などの話題作に出演し、さらにadieu名義で本格的に音楽活動もスタートさせた上白石萌歌。相手役を、新人ながら石井裕也監督作『町田くんの世界』の主演に大抜擢された細田佳央太が務める。

 ビジュアルは両A面になっており、上白石と細田の2ショットでデザインされている面は、「キミと出会い、素敵な夏になった」というコピーと共に、“ガールミーツボーイ”を伝える。もう一方の面では、“上白石のエモーショナルな表情”が印象的で、「私を変えたあの夏の冒険」というコピーが添えられている。

映画『子供はわかってあげない』特報映像

 初公開となる映像は、原作でも印象的な2人の出会いのシーンから始まり、コミカルな2人の掛け合いが収められている。さらに、上白石、細田以外の主要キャストも発表。美波が幼い時に離婚し、行方がわからなくなってしまった実父の藁谷友充役を豊川悦司、門司の兄であり、ストーリーの鍵を握る明大役を千葉雄大が演じる。さらに、美波の母親である、朔田由起を斉藤由貴が、美波の育ての父の朔田清を古舘寛治が演じる。

コメント

豊川悦司(藁谷 友充役)

おっさんにはおっさんの夏があるわけで、
そんなおっさんの一夏を沖田組で楽しく過ごすことができました。
子供はわかってくれないけど、それでも一緒にいるのはとても楽しい。
人生って順番通りに進むんだなぁ、てホント思います。

千葉雄大(門司明大役)

また沖田組に参加できたことは、僕にとってご褒美のような出来事で、
前回ご一緒したときより少しでも成長した姿を見せたいと肩を回して現場に臨んだのですが、
そんな気負いはどこへやらすごく自然体で現場にいてしまった気がします。
沖田さんの前では嘘つけないな、と。上白石さんも細田くんもとても素敵で大好きな役者さんです。
誇張されがちなところを本当に自然なものとして表現したいと思いやらせていただきました。

斉藤由貴(朔田由起役)

沖田組のスタートは、まず「美波の家族」として、一緒にピクニックをして、
遊園地で遊ぶところから始まりました。「写真のためにピクニック」「写真のために遊園地」ではなくて、
本当に家族でお弁当を食べ、本当に絶叫マシーンに乗り、本当にレストランで食事をし、
お土産を買いました。「演技」ではない、温かく優しい家族の空気感が、そうしてちゃんと生まれました。
生きるために必要な、「安心感と心地良さ」。それが映像に醸し出されていたらとても嬉しいです。

古舘寛治(朔田清役)

僕が30代から参加してる沖田監督との久しぶりの映画。
昔の友人に会うような心境だったかも知れません。知っているスタッフも多く、同窓会に行くような感じでもありました。そして過ぎた月日を思い、改めて自分も歳とったな~と感じました。
高校生の娘がいる父。そういう役が多くなってきました。
今回、子供がいない自分には想像が難しかったですが、
撮影終盤には本当に美波みたいな娘がいたらな~と思ったりもしました(笑)。
どんな映画になるんでしょう。楽しみにしています。

■公開情報
『子供はわかってあげない』
6月 全国公開
出演:上白石萌歌、細田佳央太、千葉雄大、古舘寛治、斉藤由貴、豊川悦司
監督:沖田修一
脚本:ふじきみつ彦、沖田修一
原作:田島列島『子供はわかってあげない』(講談社モーニングKC刊)
企画・製作幹事:アミューズ
配給:日活
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
(c)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (c)田島列島/講談社
公式サイト:agenai-movie.jp
公式Twitter:@agenai_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ