加藤シゲアキ、『悪魔の手毬唄』の現場で小瀧望の成長を噛みしめる 「“役者の顔”になった」

加藤シゲアキ、『悪魔の手毬唄』の現場で小瀧望の成長を噛みしめる 「“役者の顔”になった」

 12月15日、都内でスペシャルドラマ『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』(フジテレビ系)の制作発表会見が行われ、加藤シゲアキ(NEWS)、中条あやみ、小瀧望(ジャニーズ WEST)、寺島しのぶ、古谷一行が登壇した。

 本作は横溝正史原作、加藤シゲアキ主演による“金田一耕助シリーズ”第二弾。怨念めいた村で起きる、血で血を洗う女同士のドロドロな戦いを描く。

小瀧望(ジャニーズ WEST)

 実際の撮影で使われた“亀の湯”のセットで行われた会見は、ミカンを囲んでアットホームな雰囲気。加藤を筆頭にキャストたちが挨拶していく中、“端正な顔立ち、男気な性格で、思いを寄せる女性は数知れず……”と役どころを紹介された小瀧は「おはようございます。端正な顔立ちの小瀧望です」とドヤ顔を決め、「歴史ある作品で、豪華キャストの中に自分が入れたことが令和最初の奇跡」と嬉しそうに語った。

 全国津々浦々に用意されたロケ地には、古谷、寺島とったベテラン俳優陣も驚いたようで、古谷は「役者はロケ地に(気持ちが)のせられる」とスタッフに謝意。一方寺島が「年末なので、渋滞が多くて大変だった」「地方に蔵を作っちゃったりして、お金があるな~と思った」とぶっちゃけると、加藤は肩を揺らして大爆笑。中条は「ピリピリしているのかなと思っていたけど、みなさんたくさん笑われていて。素敵な現場だなと思いました」とニッコリ。初共演の生瀬勝久から餅つき大会に誘われ「行きたいです」と答えたと、微笑ましいエピソードを明かした。

 昨年に続いて金田一耕助を演じた加藤は「機会をもらえたらやってみたいという思いは正直あった」とし、「その時に思い描いた“こんな2回目になったらいいな”というイメージをはるかに上回る豪華さや壮大さ。ストーリーのおもしろさを体感しながら撮影をしていていた」と自信たっぷり。だが、そんな加藤も、長年金田一耕助を演じてきた古谷との共演には緊張しきりだったといい「古谷さんに、自分が演じる金田一を見られるのは非常にまずいのではないかと。うれしさ半分、おそろしさ半分の共演でした」と本音を明かした。

古谷一行

 今回、磯川警部役で初参加となる古谷は、「(オファーを受けた際に)一瞬、どうするかな? と思いましたが、この年齢になって、そういうカタチで金田一を引いたところで見る仕事ができるのかと。やってみてもおもしろいかなと思った」と笑顔。加藤は「(古谷と共演経験があるNEWSの)小山さんから“とても優しい方”と聞いていたので安心感はあったけど、その想像を超えるくらいコミュニケーションを取ってくださった」と、古谷の人柄に感謝した。

 一方で加藤は「カメラさんから“金田一さん、ちょっと右に動いてください”と言われた時、僕の反射神経よりも早く古谷さんが“はーい”と返事して右に動かれるんですよ。“あ、違う”ってなるんだけど、僕はちょっと感動していまして。やっぱり30年以上金田一を演じていると、自分の名前を呼ばれたかのように反応してしまうんだなって」と興奮気味。古谷は「照れくさかったですけどね、みんなに笑われるから」と照れ笑いを浮かべていた。

中条あやみ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる