松下洸平、佐藤隆太、溝端淳平、林遣都……喜美子を取り巻く『スカーレット』の男たちを振り返る

松下洸平、佐藤隆太、溝端淳平、林遣都……喜美子を取り巻く『スカーレット』の男たちを振り返る

 幼なじみの信作(林遣都)は、何でも話せる気の知れた親友。気が弱く引っ込み思案だった信作は、伊賀の祖母が亡くなったことをきっかけに過去の自分を葬り、“信様”として明るく強気な性格に生まれ変わる。第8週では、信楽市役所の商工観光課に勤めていることが明らかに。「ゲロ吐かれて」という朝ドラとは思えないワード選びから、喜美子との関係性が見えて。すぐ会話が終わる人見知り同士の信作と八郎の仲も、これから深まっていくのかが楽しみだ。

 第7週に続き、喜美子の笑顔や可愛らしい仕草など、表情豊かな戸田恵梨香の演技が見られた第8週。喜美子が深野のもとで、心から楽しく絵付けを学んでいることが伝わってくる。第9週「火まつりの誓い」では、話題に上がっていた火まつりに喜美子と八郎が参加。ある日、八郎の商品開発室を訪ねた喜美子は意外な姿を目にするという。予告では、喜美子が八郎に壁ドン状態で「言うてぇや! 教えてぇや! ずるいわ!」と問い詰める場面も。喜美子と八郎に共通しているのは、深野への強い尊敬の念。深野が信楽を去ることとなり、2人は距離を縮めていくのだろうか。変わりゆく喜美子の表情も、彼女の心情を読み取るサインとなるはずだ。

■渡辺彰浩
1988年生まれ。ライター/編集。2017年1月より、リアルサウンド編集部を経て独立。パンが好き。Twitter

■放送情報
NHK連続テレビ小説『スカーレット』
NHK総合にて、2019年9月30日(月)〜2020年3月放送予定
出演:戸田恵梨香、北村一輝、富田靖子、桜庭ななみ、福田麻由子、佐藤隆太、大島優子、林遣都、財前直見、マギー
水野美紀、溝端淳平、木本武宏、羽野晶紀、三林京子、西川貴教、松下洸平、イッセー尾形 ほか
脚本:水橋文美江
制作統括:内田ゆき
プロデューサー:長谷知記、葛西勇也
演出:中島由貴、佐藤譲、鈴木航ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/scarlet/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる