坪田義史監督最新作『だってしょうがないじゃない』11月公開 リリー・フランキーらのコメントも

坪田義史監督最新作『だってしょうがないじゃない』11月公開 リリー・フランキーらのコメントも

 坪田義史監督の最新作『だってしょうがないじゃない』が11月2日に公開されることが決定した。

 本作は、発達障害を抱えながら独居生活を送る叔父の日常を、発達障害と診断された映画監督が3年間撮り続けたドキュメンタリー映画。精神に不調をきたした映画監督・坪田が、発達障害を持ちながら一人暮らしをする親類の叔父(まことさん)がいることを知る。坪田は衝動的にカメラを持ってまことさんに会いにいく。坪田はまことさんとの交流を深めていく中で「親亡き後の障害者の自立の困難さ」や「障害者の自己決定や意思決定の尊重」「8050問題にともなう住居課題」などの問題に直面していく。

 公開されたポスタービジュアルには、現代美術家の篠田太郎が手がけた『Untitled (月面反射通信技術のプランドローイング)』が描かれている。

 なお、本作は10月3日から開催される釜山国際映画祭のWIDE ANGLE部門でのワールドプレミアも決定。本作をいち早く鑑賞したリリー・フランキー、詩人の谷川俊太郎、映画監督の諏訪敦彦からコメントも寄せられた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

コメント一覧

リリー・フランキー

幸福というものを求めて、前に前にと歩んできた僕らは、もしかしたらとっくにその場所を通り過ぎていたのかもしれない。この映画を観て、何故だかそう思った。

谷川俊太郎(詩人)

見終わった瞬間、これからまことさんはどうするんだろう、どうなるんだろうと、他人事でなく心配になりました。映画のリアルと私自身の日々の現実がシンクロしたんです。

諏訪敦彦(映画監督)

誰かを撮影したいと思い、カメラを向けることは、それがどんな相手であってもある種の愛の行為であると私は思う。その笑顔に魅せられて「彼の見る世界を知りたくなった」と人間味に満ちた友情の物語が紡がれてゆくが、ふと物語が消え、カメラが立ち尽くし、黙ってただ彼を見つめるしかない瞬間が何度も到来する。その時カメラが発見しているのは決して語ることのできない何かである。カメラは語るのではなく、ただすべてを肯定するのだ。そしてその何かが知らぬ間に成長し、ドキュメンタリーとかフィクションも関係なく、信じがたい純粋なイメージとなって立ち上がる瞬間が訪れる。まことさんはひとりである。そしてまことさんはひとりではない。そのことを私たちは知る。それは恐ろしくも美しい映画の結晶のような瞬間だった。

■公開情報
『だってしょうがないじゃない』
11月2日(土) ポレポレ東中野ほか全国順次公開
企画・監督:坪田義史
出演:大原信、坪田義史、木村真智子、木村義則、坪田達義、坪田洋子、坪田正子、関美晴、三澤直子、岩瀬一郎、大澤健二、寺島薫、長岡由生、柴田浩生、関根幹司
協力:パークサイド柴田メンタルクリニック、社会福祉法人 藤沢育成会・ふらっと、特定非営利活動法人ワーカーズ・コレクティブ実結、藤沢市役所、studio COOCA(スタジオ・クーカ) シーアンドアイ、そば処金太郎、富士ガーデン湘南パール
助成: 文化庁文化芸術振興費補助金、ACY アーツコミッション・ヨコハマ
英題:What can you do about it
配給:サンディ株式会社(Sundy inc.) 
2019年/日本/カラー/16:9/119分/ステレオ/DCP & Blue-ray
※本作はバリアフリー字幕が付いています
公式サイト:https://www.datte-movie.com/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる