NEWS4人が勢ぞろい『クリスマス☆ゼロ』を観る前に 加藤シゲアキ主演『ゼロ』の魅力をおさらい

切なくなる人間関係

 数々の難問ゲームは、物理的なダメージだけではなく心理的ダメージも多分に負う。零は標(Sexy美少年・佐藤龍我)に勝利し、在全グループの全権を手に入れられたかと思いきや、在全グループの幹部秘書・後藤峰子(小池栄子)に宣戦布告を受けてしまう。するとそこに現れたのは、大学院時代に出会い、行方不明になっていた親友・ミツルであった。実はミツルは峰子の弟だったのだ。

 その峰子が持ちかけた最後のゲームは変則ポーカー「デイ&ナイト」。もちろん、単なるゲームでは終わらない。もし峰子が負ければ、罰としてミツルを殺されることになってしまったのだ。峰子は、ミツルを歩けなくした零に殺意を持っており、ミツルを殺されまいと躍起になっている。零はミツルに対する負い目を感じつつも、負けるわけにはいかないと頭をフル回転させる。ミツルは過去のいざこざを悔いており、零に勝ってほしいが零が勝てば自分は殺される。こうしたそれぞれの心理が絡み合った絶妙な人間関係も、同作の魅力のひとつである。

 こうした様々な設定の裏側にもう一歩踏み込めるのが、『エピソードゼロ』だ。『ゼロ
一獲千金ゲーム』を全話視聴していない方は、『クリスマス☆ゼロ ゼロのアナザースト
ーリーすべてお見せしますスペシャル』で、背景を深掘りしてから視聴しても良いかもしれ
ない。より深い理解のもと、ストーリーを楽しむことができるはずだ。

(文=高橋梓)

■放送情報
『クリスマス☆ゼロ ゼロのアナザーストーリーすべてお見せしますスペシャル』
日本テレビ(関東ローカル)で、12月24日(月)深夜25:34~27:59(145分)
出演:加藤シゲアキ、増田貴久、手越祐也、小山慶一郎
原作企画:福本伸行『賭博覇王伝 零』(講談社『週刊少年マガジンKC』刊)
脚本:川邊優子
演出:二宮崇
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:櫨山裕子、秋元孝之
制作協力:オフィスクレッシェンド
製作著作:日本テレビ、ジェイ・ストーム
(c)日本テレビ
公式サイト:http://www.ntv.co.jp/0/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる