死期が迫ったオスカー女優と若手舞台俳優の最後の恋を描く 『リヴァプール、最後の恋』公開決定

死期が迫ったオスカー女優と若手舞台俳優の最後の恋を描く 『リヴァプール、最後の恋』公開決定

 イギリスの俳優ピーター・ターナーが1987年に発表した同名の回顧録を映画化した『Film Stars Don’t Die in Liverpool(原題)』が、『リヴァプール、最後の恋』の邦題で2019年3月30日に日本公開されることが決定した。

 『悪人と美女』(1952)でオスカー助演女優賞に輝いた往年の大女優グロリア・グレアム。1950年代にハリウッドで活躍し、4度の結婚歴もある自由奔放な彼女と、駆け出しの若手舞台俳優ピーター・ターナーの最後の恋を中心に描く本作。往年の大女優・グロリア役を『20センチュリー・ウーマン』のアネット・ベニング、ピーター役を『リトル・ダンサー』『スノーピアサー』のジェイミー・ベルが演じる。

 公開されたポスタービジュアルは、スポットライトにあたること、女優であることに最後までこだわるグロリアと、彼女に寄り添い続けるピーターの姿をピックアップ。「美しく生きた。美しく演じた。」とコピーが添えられている。

■公開情報
『リヴァプール、最後の恋』
2019年3月30日(土)新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
出演:アネット・ベニング、ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ
監督:ポール・マクギアン
脚本:マット・グリーンハルシュ
原作:ピーター・ターナー 『Film Stars Don’t Die in Liverpool』
配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年/アメリカ/英語/カラー/シネマスコープ/5.1ch/105分/字幕翻訳:栗原とみ子
(c)2017 DANJAQ, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:liverpool-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる