國村隼、青木崇高、歸山竜成の“親子3代”を繋ぐバッティングセンター 『かぞくいろ』新場面写真

國村隼、青木崇高、歸山竜成の“親子3代”を繋ぐバッティングセンター 『かぞくいろ』新場面写真

 11月30日公開の映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』より、國村隼、青木崇高、歸山竜成の“親子3代”を繋ぐバッティングセンターの場面写真が公開された。

 本作は、有村架純と國村のW主演作で、日本の美しい風景を走る鉄道とともに、迷いながらも成長していく人々の姿を清々しく描く映画シリーズ『RAILWAYS』の最新作。夫とその連れ子と東京で幸せに暮らしていた主人公の晶(有村)が、夫・修平(⻘木)の突然の死により、残された連れ子・駿也(歸山)とともに夫の故郷・鹿児島へ向かい、義父の節夫(國村)を訪ねる物語。鹿児島県~熊本県を結ぶ「肥薩おれんじ鉄道」を舞台に、愛する人を失った、血の繋がらない3世代3人の、ふぞろいな家族の再出発を描いている。

 この度公開されたバッティングセンターの場面写真は、祖父の節夫と孫の駿也、父親の修平と駿也という3代にわたる親子を捉えたもの。休みの日、節夫が「どこか行きたいところはあるか?」と聞くと、駿也は近所のバッティングセンターに行きたいと答える。実は、父の修平が生きていた頃、バッティングセンターに連れて行ってもらっていたのだ。それぞれの写真で、駿也の後ろには節夫と修平が指導する姿が確認できる。

 青木は、撮影期間が短い中で、歸山との思い出作りに特に力を注いだという。多摩川の河川敷で野球をしたり、電車に乗ってファミレスでご飯を食べたりと交流を深めることで、作品内の“親子”を関係を表現している。


■公開情報
『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』
11月30日(金)より、全国ロードショー
出演:有村架純、國村隼、桜庭ななみ、歸山⻯成、木下ほうか、筒井真理子、板尾創路、⻘木崇高
エグゼクティブ・プロデューサー:阿部秀司
監督・脚本:𠮷田康弘
音楽:富貴晴美
配給:松竹
製作:「かぞくいろ」製作委員会
(c) 2018「かぞくいろ」製作委員会
公式サイト:http://www.railwaysmovie.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる