>  >  > 『まんぷく』第26話あらすじ

『まんぷく』第26話では、萬平(長谷川博己)が新しい商売を思いつく

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。10月30日放送の第26話では、福子(安藤サクラ)の言葉をきっかけに、萬平(長谷川博己)が新しい商売を思いつく。

 福子たちが戦後の深刻な食料不足に直面した第25話。第26話では、食料を手に入れるため、お金を得るために、持っていた着物を闇市で売る福子。嫌がる鈴(松坂慶子)も連れて闇業者と交渉する中で、福子は戦後をたくましく生き抜いている世良(桐谷健太)と再会する。しかし、世良は新しい仕事をみつけられずにいる萬平を見て……。そんな中、福子の言葉をきっかけに、萬平は新しい商売を思いつく。

 “究極のマネジメント能力”を身につけるヒロイン・福子と、“発明家”として「世の中の役に立つこと」を理想に掲げ、邁進し続ける夫・萬平が、インスタントラーメンを創り出すまでの物語。主演の安藤サクラをはじめ、長谷川博己、内田有紀、松下奈緒、要潤、大谷亮平、桐谷健太、片岡愛之助、橋爪功、松坂慶子らがキャストに名を連ねる。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『まんぷく』
10月1日(月)〜2019年3月30日(土)【全151回】
作:福田靖
出演:安藤サクラ、長谷川博己、内田有紀、松下奈緒、要潤、大谷亮平/桐谷健太、片岡愛之助、橋本マナミ、松井玲奈、呉城久美、松坂慶子ほか
語り:芦田愛菜
制作統括:真鍋斎
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

「『まんぷく』第26話では、萬平(長谷川博己)が新しい商売を思いつく」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版