安井謙太郎×山本涼介×森田美勇人が北海道を駆け巡る 『ニート・ニート・ニート』予告&ポスター

 11月23日公開の映画『ニート・ニート・ニート』の本予告映像及び本ポスターが公開された。

 本作は、デビュー作『太陽がイッパイいっぱい』(2002)で、第8回小説新潮長編新人賞を受賞した三羽省吾による同名小説を宮野ケイジ監督が映画化したもの。映画初主演の安井謙太郎(ジャニーズJr.)、『仮面ライダーゴースト』の仮面ライダースペクター/深海マコト役で知られ、ドラマ『陸王』(TBS系)、映画『旅猫リポート』にも出演する若手俳優・山本涼介、そして安井と同じくジャニーズJr.の森田美勇人の3人がニートを演じる。さらにその3人のニートと旅する謎の女性・月子役には灯敦生が抜擢。広大な夏の北海道を舞台に、苫小牧市、札幌市、稚内市、釧路市阿寒町、清水町、帯広市、えりも町と総移動距離3300km越える、縦横無尽な逃避行を繰り広げる。

映画『ニート・ニート・ニート』予告篇

 本予告映像では、9mm Parabellum Bulletによる主題歌「キャリーオン」とともに、道内各地を渡り回る旅の様子が映し出される。退屈な毎日にうんざりして仕事を辞めてしまったタカシ(山本)の前に現れたのは、高校時代の同級生で住所不定の無職・レンチ(安井)。タカシと同じく同級生で引きこもりのキノブー(森田)は、彼の思いつきで半ば強引に北海道に連れていかれ、さらに道中、月子と名乗る家出少女(灯)も加わる。タイプの異なる三者三様の“ワケあり”なニートたちは、時には困難にぶち当たり、時には互いが衝突し合いながらも、人々の出会いと触れ合いを通して、今まで逃げてばかりいた“自分自身”と向き合い始めていく。

 劇中、安井は、ヤクザから逃げ回ったり農場でヤギを追いかけるシーンなど、全速力で走る場面を熱演。安井自身も「北海道を端から端まで走り回って、総移動距離約3300キロ。キャストスタッフは勿論、地元の方々の思いもたくさん詰まった作品になりました」と語っている。

 さらにポスタービジュアルでは、「生きること、サボってました」というコピーとともに、北海道の大自然をバックに、レンチ、タカシ、キノブー、月子の姿が収められている。

■公開情報
『ニート・ニート・ニート』
11月23日(祝・金)より全国ロードショー
監督・脚本:宮野ケイジ
原作:三羽省吾『ニート・ニート・ニート』(角川文庫)
主題歌:「キャリーオン」9mm Parabellum Bullet(日本コロムビア)
出演:安井謙太郎(ジャニーズ Jr.)、山本涼介、森田美勇人(ジャニーズ Jr.)、灯敦生、MEGUMI、松澤一之、相田英瑞、小南光司、山優香、前田倫良、石野真子(特別出演)、藤本隆宏
配給:スパイラル・ピクチャーズ
企画:株式会社ミレ・ファクトリー
製作:映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会
(c)2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会
公式サイト:https://neet3.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/neet3_jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる