>  >  > アラン・ロブ=グリエの特集上映開催

幻の6作品が一挙上映! 「アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ」11月23日より開催決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アラン・ロブ=グリエの幻の映画監督作品を集めた特集上映「アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ」の初日が11月23日に決定。あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

 ロブ=グリエは、20世紀の世界文学を揺るがした革命的なムーヴメント“ヌーヴォー・ロマン(新しい小説)”の代表的作家。1953年、長編小説『消しゴム』でデビュー以来、近代以降常識とされていた既存の枠組みを解体する小説を次々と発表。1960年、アラン・レネ監督『去年マリエンバードで』のオリジナル脚本の執筆を契機に映画界にも参入。1963年に『不滅の女』で映画監督デビューを果たした。

 今回のレトロスペクティブでは、ルイ・デュリック賞を受賞した監督デビュー作『不滅の女』、 ジャン=ルイ・トランティニャン演じる麻薬の運び屋のドタバタ劇をメタフィクションとして描いた『ヨーロッパ横断特急』、ボルヘスの短編『裏切り者と英雄のテーマ』を下敷きにした『嘘をつく男』、エロティックな幻想を色彩豊かな映像で表現した初のカラー作品『エデン、その後』、センセーショナルな内容によりヨーロッパ各国で上映禁止となったアニセー・アルヴィナ主演作『快楽の漸進的横滑り』、ルネ・マグリットの同名の絵画をモチーフにした不条理サスペンス『囚われの美女』の6作品が上映される。『囚われの美女』以外の5作品は、今回が劇場正式初公開となる。

Arrow
Arrow
『不滅の女』 (c)1963 IMEC
ArrowArrow
Slider

 このたび公開されたポスタービジュアルは、ロブ=グリエのポートレイトを中心に据え、『エデン、その後』『快楽の漸進的横滑り』 『囚われの美女』の場面を切り取った写真が配置されたデザインとなっている。また、予告編では「誰かが『私は嘘をつく』といったら、彼または彼女のいうことはすでに真偽を超えている。ロブ=グリエの映画の面白さは、あくまでそのとらえどころのなさにある。しかも、その画面が曖昧とはとても思えぬほど鮮明なところに、つきぬ魅惑が脈うっている」という映画評論家・蓮實重彦のコメントとともに、上映される6作品が紹介されている。

「アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ」予告

■公開情報
「アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ」
11月23日(金・祝)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次開催
『不滅の女』
『ヨーロッパ横断特急』
『嘘をつく男』
『エデン、その後』
『快楽の漸進的横滑り』
『囚われの美女』
配給:ザジフィルムズ
公式サイト:http://www.zaziefilms.com/arg2018/

「幻の6作品が一挙上映! 「アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ」11月23日より開催決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版