>  >  > 『麻雀放浪記2020』漫画×映画で同時進行

『麻雀放浪記2020』漫画×映画同時進行企画発表 片山まさゆきが映画の脚本協力に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年4月5日公開の映画『麻雀放浪記2020』が、『近代麻雀』で連載中の同名漫画との連動企画であったことが明らかになった

 本作は、累計発行部数250万部を超える阿佐田哲也のベストセラー小説『麻雀放浪記』を映画化したもの。『麻雀放浪記』の映画化は、イラストレーターの和田誠が初めて監督を務めた『麻雀放浪記』以来、35年ぶりとなる。本企画は、『麻雀放浪記』を“原案”とした、新たな映画化作品と密かに同時進行しているプロジェクトで、阿佐田を原案に据え、『麻雀放浪記』の新作として斎藤工主演・白石和彌監督のタッグで始動。斎藤は1984年に公開された和田誠版『麻雀放浪記』の大ファンで、彼の熱いラブコールにより映画化が決定した。

 2016年、『近代麻雀』に本企画の相談が持ち込まれた。あの名作をどのように復活させるべきか、そして麻雀ファンが観ても作品に違和感がないようにするため、編集部に協
力を求め、編集部はすぐさま快諾。その脚本作りに、片山まさゆきの協力を要請した。そしてその後、片山が作り出した2020年を舞台にしたプロットをもとに、映画製作は白石監督のもと、脚本を佐藤佐吉が執筆し、撮影へ。同時に『近代麻雀』では、2018年6月より連載を開始した。

 両作の物語は、設定こそ同じものの、映画版と漫画版が同じストーリーなのか、クライマックスにそれぞれ何が起こるのかは全く明かされていない。マンガ版の連載は、これから佳境に入り、最終回は映画版の公開直前である、2019年の春を予定している。

■公開情報
『麻雀放浪記 2020』
2019年4月5日(金)全国ロードショー
原案:阿佐田哲也『麻雀放浪記』(文春文庫・刊)
脚本:佐藤佐吉、渡部亮平、白石和彌
プロット協力:片山まさゆき
キャスト:斎藤工 ほか
監督:白石和彌
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映

「『麻雀放浪記2020』漫画×映画同時進行企画発表 片山まさゆきが映画の脚本協力に」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版