>  >  > 『翔んで埼玉』特報映像公開

二階堂ふみとGACKTが埼玉県民に向け謝罪 映画『翔んで埼玉』特報映像&ティザービジュアル公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『翔んで埼玉』の公開日が2019年2月22日に決定し、ティザービジュアルと特報映像が公開された。

 本作は、累計発行部数66万部を突破した魔夜峰央原作の同名漫画を、二階堂ふみとGACKTをW主演に迎え実写映画化したもの。壇ノ浦百美を演じた二階堂は自身初の男性役、麻実麗を演じたGACKTは高校生役に挑んだ。2015年、30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに人気が再燃している問題作となっている。

 どこか神々しい絵画のようなデザインのティザービジュアルでは、2人の表情など、未だ
全貌は見えないものの、原作の世界観を感じることができる。さらに本作は埼玉をバカにする描写が多いため、二階堂演じる壇ノ浦百美と、GACKTが演じる麻実麗が、人口730万人の埼玉の皆様へ向け「埼玉の皆様、映画化してゴメンなさい」と謝罪をしている。

『翔んで埼玉』特報映像

 特報映像では、埼玉県人をディスるセリフが続き、しまいには「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ」と衝撃的なセリフまで登場する。映像のラストシーンでは、同じ原作者の『パタリロ!』の舞台と映画で主演を務める加藤諒が登場。ひどい扱いを受けながらも、東京で働くことを夢見る埼玉県人役として本作に出演する。

■公開情報
『翔んで埼玉』
2019年2月22日(金)全国公開
出演:二階堂ふみ、GACKT、加藤諒ほか
原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)
監督:武内英樹
脚本:徳永友一
(c)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
公式サイト:tondesaitama.com

「二階堂ふみとGACKTが埼玉県民に向け謝罪 映画『翔んで埼玉』特報映像&ティザービジュアル公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版