>  >  > 『ヒモメン』舞台挨拶レポート

窪田正孝、主演ドラマ『ヒモメン』をアピール 「女性が活躍する時代に甘える男性がいてもいい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また勝地は「翔ちゃんは、まっすぐゆり子のことを愛しているから、素敵だなとは思います。それに、なんと言ってもかわいいから、マサが」と窪田を見つめ、「かわいいからねぇ、甘えられたらねぇ、俺も飼っちゃいたいなって思いますよね。(上目遣いで)『これも……』って言われたら『買う買う』ってなっちゃうかな」と窪田愛を伝えると、YOUも「こんなにかわいらしいヒモくんだったらいいですよね。いま一生懸命自立して稼いでいる女性もいますし、このドラマをキッカケに素敵なヒモ男が増えるんじゃないでしょうか」とコメント。司会の久保田直子アナから「社会を変えるようなドラマに?」と聞かれるとYOUは「なるでしょうね」としっとり頷き、会場を笑わせた。

勝地涼
YOU

 イベントではヒモを使った王様ゲームも行われ、まずは川口が王様を引き当てる。窪田に「私のいいところ3つ言いなさい」と指令を出すと、窪田は「フェイス。ずっと見ていられます」と即答。「あと、春奈ちゃんはゲラ。ツボが浅いから『そこ?』ってところで笑ってくれるのは長所だと思う」と明かす。だが3つ目を問われ、悩みながら「すごく野心家。撮影中でも夜中にサッカーを見ていたりするし」と話すと、すかさず勝地が「それ野心家?」とツッコみ、「ただのサッカー好きですね」と佐藤。それに対して川口は、「あんまり褒められてる感じがしない。薄っぺらい……でもありがとう」と受け入れていた。

 2巡目では、なんと窪田が王様に。同様の質問を川口にすると「体がバキバキなところ。細マッチョ。あと、チャキチャキしてます。撮影中も、『おっす、おねがいしまっす、おつかれっした』って、テンションが高いんです」と回答。そして3つ目は悩み抜いた結果、「やっぱりお顔が綺麗なところ」と話すと、窪田は「これで五分五分ですね」とニヤリ。最後に川口は「かっこいい、おもしろい、やさしいです」と窪田を絶賛して締めくくった。

 また「スタッフさんたちも、カメラを回しながら笑っているくらい楽しい現場。良い意味で、台本に縛られず演じられています」と撮影現場の雰囲気を明かした窪田。川口は「コメディだし、掛け合いも楽しいです。笑いをこらえきれないくらい……(勝地演じる)池目先生が大好きです。ツボですね」と明かし、勝地は「ありがとうございまぁす」と池目先生風に感謝していた。

「窪田正孝、主演ドラマ『ヒモメン』をアピール 「女性が活躍する時代に甘える男性がいてもいい」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版