菅田将暉、『dele』舞台挨拶で山田孝之に「ブラのサイズを測ってる場合じゃない」とツッコミ

菅田将暉、『dele』舞台挨拶で山田孝之に「ブラのサイズを測ってる場合じゃない」とツッコミ

 7月21日、都内で7月27日よりスタートする金曜ナイトドラマ『dele』(テレビ朝日系)の完成披露試写と記者会見が行われ、山田孝之と菅田将暉が登壇した。

 ベストセラー作家・本多孝好がオリジナルドラマの原案・脚本に初挑戦した本作。テーマとなるのは、今、話題の“デジタル遺品”。坂上圭司(山田)と真柴祐太郎(菅田)はクライアントの依頼を受け、不都合なデジタル記録をすべて内密に抹消することを生業にしている。だが2人は任務を遂行しようとするたび、依頼主の人生に隠された様々な問題に巻き込まれていく。

 出演者の登壇は“完成披露試写後”と予告されていたが、試写の前に山田と菅田がサプライズで登場。観客の間に座って一緒にドラマを楽しんだ菅田は「人生で初めてお客さんと一緒にドラマを観たけど、いろんな新発見があっておもしろかった」と満足気。また初めて今作の内容について聞いた際、「本当にこういう職業があるわけではないけど、これからの遺品は物だけじゃなくデータも増えていくんだなって。『そんな時代か』と衝撃を受けました」と語った。

 印象に残っているシーンについて聞かれた山田が「基本的に『dele.LIFE』(会社)でのシーンは2人きり。1話は(台本)10ページと12ページのシーンがあって、死にそうでしたね」とコメントすると、菅田も「映像になると、短いもんですね……」と感慨深げに頷く。また菅田は自分の役柄について「現場ではそんな感じではなかったけど、映像にしたら祐太郎の身体能力がバケモンだなって(笑)。おもしろいと思いましたね」と興奮気味に話していた。

 役の印象について聞かれた山田は、「もう頭の良い役はやらないって決めました」と宣言。菅田が「あのセリフが、全部紙に書いてあることを想像してみてほしいですよね」と同調すると、「このバカな祐太郎が質問ばっかりしてくるから」と不満をぶちまけ、菅田も「僕は、聞いてるだけですからね」と大爆笑だった。

 今回、初のW主演となる山田と菅田。互いの印象について質問が飛ぶと、山田は菅田を見つめて「かわいい」と一言。菅田が「ありがとうございます」とはにかむと、「愛嬌のかたまりじゃないですか、菅田将暉は」と大絶賛。それに対して菅田が「最近は“たかゆき~”って呼ばれている山田さんも、愛嬌のかたまりじゃないですか」と返すと、山田は「もう35になります」と語って笑いを誘った。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる