J・D・サリンジャーの半生を描く ニコラス・ホルト主演『ライ麦畑の反逆児』2019年公開決定

J・D・サリンジャーの半生を描く ニコラス・ホルト主演『ライ麦畑の反逆児』2019年公開決定

 2019年1月1日に生誕100周年を迎える小説家J・D・サリンジャーの半生を描いた映画『Rebel in the Rye(原題)』が、『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』の邦題で、2019年1月より全国公開されることが決定した。

 世界中で累計6,500万部を突破し、時代を越えて若者に影響を与えてきた『ライ麦畑でつかまえて』。米国での初版が発売されたのは、今から約67年前の1951年7月16日。その発売直後から社会現象となるほど爆発的に売れ、現在もその瑞々しさは失われることなく世界で毎年25万部ずつ売れ続けている。日本でもこれまで累計320万部を超え、村上春樹による新訳も大きな話題となった。

 本作は、この名作を生みだした作家サリンジャーのこれまで語られてこなかった謎に満ちた半生、そして小説の誕生秘話を描き出す物語。20世紀半ばの華やかなニューヨークを舞台に、若きサリンジャーが自分の作風を見つけ出そうと試行錯誤を重ねる姿、社交界のセレブとの恋の顛末、恩師との運命的な出会い、第二次世界大戦の最前線での経験によるトラウマにもがき苦しむ姿が描かれる。

 サリンジャー役を務めるのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『X-MEN』などへの出演からモード界の帝王トム・フォードのキャンペーンモデルまで幅広く活躍する俳優ニコラス・ホルト。そのほか、サリンジャーに多大な影響を与え才能を開花させた、コロンビア大学の教授で文芸誌ストーリーの編集者ウィット・バーネット役にケヴィン・スペイシーが名を連ねている。『大統領の執事の涙』『ハンガー・ゲーム FINAL』完結編2部作の脚本家で俳優でもあるダニー・ストロングが、原作の映画化権を自ら取得し、長編初メガホンを取った。

■公開情報
『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』
2019年1月、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
出演:ニコラス・ホルト、ケヴィン・スペイシー、ゾーイ・ドゥイッチ、ホープ・デイヴィス、サラ・ポールソン
監督・脚本:ダニー・ストロング
製作:ブルース・コーエン、モリー・スミス
原作:『サリンジャー 生涯91年の真実』(晶文社刊)
提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ファントム・フィルム
106分/アメリカ/カラー/2017/英語/原題:Rebel in the Rye
(c)2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:rebelintherye-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ