>  >  > 『累-かさね-』最新ビジュアル

土屋太鳳VS芳根京子『累-かさね-』最新メインビジュアル公開 欲望と劣等感の世界を描く問題作

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  9月7日より公開される土屋太鳳と芳根京子が出演する映画『累‐かさね‐』の最新メインビジュアルが公開された。

 松浦だるまによる“美醜”をテーマにしたコミック『累-かさね-』を佐藤祐市監督が実写化する本作は、キスした相手の顔を奪い取ることができる口紅を巡る物語。

 幼い頃から醜い容姿に劣等感を抱いているも天才的な演技力を持つ累(芳根)と、恵まれた美しさを持ちながらも舞台女優として開花できずにいたニナ(土屋)は、口紅を力を借りて、演技力と美貌を兼ね備えた完璧な女優“丹沢ニナ”となる。しかし、2人が恋に落ちた新進気鋭の演出家・烏合が手掛ける大作舞台への主演が決まり、それぞれの欲望と嫉妬心が抑えられなくなっていく。

 今回公開されたメインビジュアルは、片面は「美しいだけで、幸せですか?」「醜いだけで、罪ですか?」というコピーに囲まれ、顔を寄せあう土屋と芳根の美しくも妖しいインパクトのあるビジュアルに。もう一方では、同じ構図の2枚の写真が並べられ、土屋と芳根の顔がキスをして顔が入れ替わっていることが分かる、『累–かさね-』の世界観を1枚で表現したものとなっている。

 また、7月13日から全国の映画館にてメインビジュアル版のチラシ掲出が開始。キスをして顔を反転させる「累」と「ニナ」にちなみ、「表」と「裏」、反転させてもメインビジュアルの両A面チラシとなっている。

 土屋と芳根のほかにキャストには、烏合役に関ジャニ∞の横山裕、口紅を遺した累の母
で伝説の大女優の透世役に檀れい、累とニナを引き合わせる物語の鍵を握る謎の男・羽生田役に浅野忠信が決まっている。主題歌を担当するのはAimer。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『累‐かさね‐』
9月7日(金)より全国東宝系にて公開
原作:『累-かさね-』(講談社『イブニング』連載中)
監督:佐藤祐市
出演:土屋太鳳、芳根京子、横山裕、筒井真理子、生田智子、村井國夫、檀れい、浅野忠信
脚本:黒岩勉
製作:フジテレビジョン
配給:東宝
製作プロダクション:共同テレビジョン
(c)2018映画「累」製作委員会 (c)松浦だるま/講談社
公式サイト:kasane-movie.jp

「土屋太鳳VS芳根京子『累-かさね-』最新メインビジュアル公開 欲望と劣等感の世界を描く問題作」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版