『スター・トレック』好きの女性が脚本に込めた思い 『500ページの夢の束』予告編&本ポスター

『スター・トレック』好きの女性が脚本に込めた思い 『500ページの夢の束』予告編&本ポスター

 9月7日に公開される映画『500ページの夢の束』より、本ポスターと日本オリジナル予告編が公開された。

 本作は、『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』を手掛けたダニエル・ダビッキと、『マネーモンスター』のララ・アラメディンがプロデューサーを務めたヒューマンドラマ。『スター・トレック』が大好きで、その知識では誰にも負けない主人公のウェンディが、『スター・トレック』脚本コンテストに参加するため、ハリウッドまで数百キロの旅に出る模様を描く。

 主人公ウェンディをダコタ・ファニングが演じるほか、トニ・コレット、アリス・イヴらがキャストに名を連ねた。監督は『セッションズ』のベン・リューイン。

 公開されたポスタービジュアルには、“届けたい物語がある。届けたいひとがいる。”というコピーとともに、脚本を抱えて前を見据えるウェンディと、姉のオードリー、ソーシャルワーカーのスコッティ、そして愛犬のピートの姿などが切り取られている。 

『500ページの夢の束』予告編

 一方の予告編は、ウェンディが自室で『スター・トレック』の脚本を執筆しているシーンから始まる。ある日、『スター・トレック』脚本コンテストが開催されることを知った彼女は、その脚本を応募するため、施設を抜け出して数百キロ離れたハリウッドを目指す。ウェンディの不在に気付いたソーシャルワーカーのスコッティ(トニ・コレット)と、妹を想いながらも離れて暮らさざるを得ず、複雑な感情を抱えていた姉のオードリー(アリス・イヴ)は、ウェンディを追うなかで、自閉症を抱えながらも誰よりも独創的な才能を持つウェンディの魅力や、1人で目的地を目指す勇気と行動力に気付かされていく。そして、トラブルに見舞われながらも懸命に目的地を目指すウェンディの健気が姿が印象的に映し出されている。

■公開情報
『500ページの夢の束』
9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督:ベン・リューイン
製作:ダニエル・ダビッキ、ララ・アラメディン
出演:ダコタ・ファニング、トニ・コレット、アリス・イヴ
配給:キノフィルムズ
原題:Please Stand By/2017年/アメリカ/英語/93分/カラー/シネマスコープサイズ/5.1ch/日本語字幕:桜井裕子
(c)2016 PSB Film LLC
公式サイト:http://500page-yume.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる