高畑充希×草刈正雄W主演SPドラマ『68歳の新入社員』放送決定 岡田惠和によるオリジナル脚本に

高畑充希×草刈正雄W主演SPドラマ『68歳の新入社員』放送決定 岡田惠和によるオリジナル脚本に

 今夏、カンテレ・フジテレビ系全国ネットで、高畑充希と草刈正雄がW主演する2時間スペシャルドラマ『68歳の新入社員』が放送されることが決定した。

 本作は、老舗の和菓子会社を舞台に、40歳差の上司と部下の年齢も立場も性別も違う2人が、様々なハードルに立ち向かうヒューマンドラマ。高畑と草刈は今回が初共演となり、岡田惠和によるオリジナル脚本で描かれる。

 高畑が演じるのは、前職での実績を買われてヘッドハンティングされ、新規事業開発を引っ張る28歳のOL・工藤繭子。繭子は、若手社員5人からなる“チーム工藤”を率い、最初に手掛けたキャラクターグッズのヒットにより、次の商品にかかる社内の期待を大きく背負う中、追い打ちをかけられるように突然、40歳も年上の部下を抱えることになる。一方の草刈が演じるのは、羊堂本舗を一度は定年まで勤めあげ、引退生活を送っていた68歳の仁井本和夫。2人の娘が結婚して家を出ていき、妻との2人暮らしで暇を持て余していたところに、次第にサラリーマン時代の仕事への意欲が湧き上がり、再び羊堂本舗での勤務に復帰することに。しかし、新規事業開発の担当となり、娘よりも年下の女性の元で働くことになる。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

高畑充希 コメント

撮影期間は10日間程でしたが、夢のような時間でした。まず岡田さんの脚本が素晴らしく、せりふがわざわざ脳みそを通らない、というか、役がそのせりふを言うだけで、どんどんその気持ちにしてもらえるような。言葉に手を引かれているような安心感がありました。共演の草刈さんとの掛け合いも、私にとって満たされ過ぎて怖いくらいの瞬間が何度もありました。もうずっとやっていたいなぁ、と、ホワホワした気持ちでした。あの時間は、私にとっての財産です。すっごく楽しい現場だったので、連ドラになれば良いのに!なんて。難しいだろうけれど、言うのはタダですよね(笑)。どの世代の方にも、奇をてらうことなく刺さる、素敵なお話です。お楽しみに!

草刈正雄 コメント

いやあ~もう、ホントに素敵な本だったので、これをやれるのは役者冥利につきると思いました。高畑さんは前から気になっていた女優さんだったので共演出来て嬉しかったです。無理なく素直に役に入れました。本が良いということです。別に何の先入観も無く楽しんで下さい。このドラマは、これからの時代のテーマではないでしょうか?

■放送情報
『68歳の新入社員』
今夏放送
出演:高畑充希、草刈正雄
脚本:岡田惠和
プロデューサー:萩原崇、水野綾子
アソシエイト・プロデューサー:栗原美和子
演出:河野圭太(共同テレビ)
制作:カンテレ
制作著作:共同テレビ
(c)関西テレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる