両足を失ったJ・ギレンホールが義足で立ち上がる姿が 『ボストン ストロング』予告編

 ジェイク・ギレンホール主演映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』より、予告編が公開された。

 本作は、2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件の被害にあった、ジェフ・ボーマンの実話を映画化した人間ドラマ。テロに巻き込まれ両脚を失ったボーマンが様々な困難を乗り越え、再び立ち上がるさまを描く。主人公ジェフ・ボーマンを演じるギレンホールは、本作を、自身が新しく立ち上げた製作会社ナイン・ストーリーズの第1作目に選び、プロデューサーとしても作品に関わっている。

 公開された予告編では、少しダメな男がテロで両脚を失う悲劇に見舞われ苦しみながらも、多くの人々に勇気を与えるヒーロー=“ボストン ストロング”になるまでが、力強い音楽とともに描かれる。自らの証言でテロの犯人が特定されたことで一躍時の人となり、ヒーローに祭り上げられる反面、傷の痛みや周囲の過剰な期待、爆発テロ事件当日のトラウマに、1人もがき苦しみ、生きる意味を次第に見失っていく。希望のシンボルとして脚光を浴びる度、影の部分が浮き彫りになっていくが、そんな中で生きる意味を見つけ、真のヒーローへと変身していく姿が映し出されている。

『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』予告編

■公開情報
『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』
5月11日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
出演:ジェイク・ギレンホール、タチアナ・マスラニー、ミランダ・リチャードソン、クランシー・ブラウン
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:ジョン・ポローノ   
原作:ジェフ・ボーマン、ブレット・ウィッター著
配給:ポニーキャニオン
提供:ポニーキャニオン/カルチュア・パブリッシャーズ
映倫区分:PG-12 
(c)2017 Stronger Film Holdings, LLC.  All Rights Reserved.  Motion Picture Artwork (c)2018 Lions Gate Entertainment Inc.  All Rights Reserved.
公式サイト:bostonstrong.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる