>  >  > 『レディ・プレイヤー1』キャラアート公開

森崎ウィン演じる三船敏郎モチーフのアバターも 『レディ・プレイヤー1』キャラクターアート公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月20日公開映画『レディ・プレイヤー1』のキャラクターアートが公開された。

 本作は、スティーヴン・スピルバーグ監督によるアドベンチャー映画。夢が叶えられる超リアルVRワールド“OASIS”が人々の唯一の居場所となった、そう遠くない未来を舞台に、天才的な開発者のハリデーが“OASIS”の中に隠した宝の卵を巡って、壮絶な宝探しレースが幕を開ける模様を描く。

 このたび公開されたのは、主人公ウェイド・ワッツのアバターをはじめ、三船敏郎をモチーフにした日本人役トシロウのアバターなど、本作で壮絶な宝探しのアドベンチャーを繰り広げるトレジャーハンターたちのキャラクターアート。現実世界の彼らとVRワールド“OASIS”での彼らのアバター、1枚の絵柄に2人のキャラクターが描かれている。

 右上には、森崎ウィン演じる日本人トシロウの姿が。赤い兜と赤い鎧姿が勇ましい彼のアバター”ダイトウ”は、日本の侍がモチーフ。ダイトウのアバターの顔は、“世界のミフネ”こと三船敏郎がモチーフになっていることを、原作者のアーネスト・クラインは明かしている。

 左下中央には、クラインが日本のアニメなどから影響を受けていると語る、主人公ウェイドのアバター“パーシヴァル”、右下中央には、ヒロインであるサマンサのアバター“アルテミス”、左下には忍者風の“ショウ”、右下には怪力を活かしたバトルが得意そうな“エイチ”といった、5人のトレジャーハンターたちの姿が捉えられている。

■公開情報
『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:ザック・ペン
原作:アーネスト・クライン著『ゲームウォーズ』(SB文庫)
出演:タイ・シェリダン、オリビア・クック、マーク・ライランス、サイモン・ペッグ、T・J・ミラー、ベン・メンデルソーン、森崎ウィン
(c)2018WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/

「森崎ウィン演じる三船敏郎モチーフのアバターも 『レディ・プレイヤー1』キャラクターアート公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版