>  >  > 『コウノドリ』舞台挨拶

星野源の恋ダンスに松岡茉優がツッコミ「しのりんは、踊らない」 『コウノドリ』舞台挨拶レポ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月7日、金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系)の『特別試写会&舞台挨拶』がTOHOシネマズ新宿にて行われ、主演の綾野剛をはじめ、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋が登壇した。

 2015年10月期に放送されていた『コウノドリ』は、講談社『モーニング』にて連載中の鈴ノ木ユウによる同名コミックを実写化したヒューマン医療ドラマ。「出産」に関する医療従事者と患者のドラマをベースに、「妊娠」「出産」で生まれる人と人との結びつき、夫婦、そして親子のあり方、「命」が誕生するまで、誕生した後の葛藤、倫理、医療関係者と患者の関係など、命が誕生することの「奇跡」がテーマとして描かれた。

 舞台となるペルソナ総合医療センターの産婦人科医で、「BABY」という名を持つ天才ピアニストでもある主人公・鴻鳥サクラを綾野が演じるほか、松岡、吉田、坂口、星野らが続投する。新シリーズのテーマは「生まれること、そして生きること」。前作と同様、原作のエピソードをベースにオリジナルに取材した題材を加え、新しい「命」の物語が描かれる。 

綾野剛

 試写会後に行われた舞台挨拶にて、綾野は「命について全てのことを、この作品を通して届けられたらと思います。前作では家族、赤ちゃん、妊婦。いわゆる患者さんを描くことの方が多かったのですが、本作では患者さんはもちろん“生まれたその先”ですね。その先では、ご家族が生活していかなければなりません。そういった生活をしていく現実を、きちんと描いていかなければいけないという思いがあります」と真摯に挨拶をした。

 綾野演じる鴻鳥のライバルであり信頼する同期、四宮春樹を演じる星野源は登壇する1時間半前に作品を観たという。「2年前のファーストシーズンから現場もすごく楽しくて。赤ちゃんがいっぱい訪れてくれて、本当にニコニコしちゃいます。しのりん。あ、僕しのりん(四宮)なんですけど。笑顔を封印しつつ、これからも撮影を頑張ります」と現場の雰囲気と自身のキャラクターについて時折はにかむながらコメントした。 

星野源

 司会者から1年半ぶりのキャスト再会について聞かれると、綾野が「連絡は取り合っていたので、久々という感じよりかは、また再集結できて、このチームで同じベクトルに向かって、戦えるんだなと思います」と述べる。ファーストシーズン後、本作のキャスト陣はそれぞれ活躍し、さらに知名度をあげている。綾野が「僕、観てましたよ。源ちゃんの“お源さん”とか」となぜかNHKでのキャラクターに触れると、星野は「“お源さん”を観てくれてありがとう」と嬉しそうに返答。すかさず、松岡が「TBSなのにそれ!? それじゃないのあるじゃない!」とツッコミを入れ、綾野が『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のドラマ名を挙げ“恋ダンス”を一瞬踊って見せると、松岡が「しのりんは、踊らないし、笑わないよ」と補足を入れた。ほかのドラマについての話題はそのまま続き、吉田が「綾野さんは人間になれたの? フランケンシュタイン……」と質問すると、再び松岡が「それもまた局が違うな!」と声を張る。松岡の初主演映画、大森の出演する『アウトレイジ 最終章』、坂口が出演する『ナラタージュ』にまで話が及んだところで、やっと星野が「これ、誰も止める人がいない」とトークに終止符を打ち、キャストの仲の良さを存分にアピールしていた。 

松岡茉優

 笑わない四宮が気になる司会者が「いつ笑うのかなっていう」と質問すると、綾野が「僕の前では笑ってくれますよ」と話すと、「それは“星野源”としてだもんね」と星野が返す。続けて、未だに笑う演技は出てきていないことを明かし、「これから笑うことが出てくるのかな。まだ小松さんにしのりんって呼ばれていないんですよ。僕、しのりんって呼び方気にいってるので、(劇中の)どっかに入れてください」と関係者にアピールする一幕もあった。

 第1話には、佐々木蔵之介や宮沢氷魚、古畑星夏など新たなキャストが登場。印象的な出演者には、綾野が耳の聴こえない患者とその夫を演じた志田未来、泉澤祐希を挙げた。今回の試写会には、産科医で実際に働いている医師も参加していた。その人達を含めての視聴者にメッセージを求められた綾野は、回答に長考しながらも、「僕たちが何かを発言するのはおこがましいなぁと思いつつも、人生を変えられる唯一の人間は自分しかいないんだなって常に思うんです。周産期医療の状態を見ていると、言葉では表現しきれない過酷さだとか、医師不足だとか、いろんな問題を抱えています。僕たちができることは何だろうと考えた時に、“見つめ続けること”だと思うんです」と、ファーストシーズンを通して体感した“心が壊れていくこと”について触れ、「僕たちが関わっている未来というのは、本当にこの国を豊かにするスタートだと思っています。『コウノドリ』を通して、自分たちの思い、日本という環境の仲で起こっていることも含めて皆様に受け止めていただければ幸いです」と一心にメッセージを届けた。

(左から)松岡茉優、綾野剛、大森南朋、星野源

 マスコミ向けのフォトセッション終了後には、星野が第1話に出演する赤ちゃんを会場に見つけ、綾野を連れて抱っこをする場面もあり、最後まで会場を和ませていた。 

大森南朋
吉田羊
坂口健太郎

(取材・文=渡辺彰浩)

■放送情報
金曜ドラマ『コウノドリ』
TBS系にて10月13日(金)スタート 毎週金曜22:00〜放送
(初回15分拡大スペシャル)
原作:鈴ノ木ユウ「コウノドリ」(講談社「モーニング」連載中)
出演:綾野剛、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、清野菜名、浅野和之、江口のりこ、星野源、大森南朋、佐々木蔵之介、古畑星夏ほか
プロデューサー:峠田浩
製作著作:TBS
(c)TBS
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/kounodori/

「星野源の恋ダンスに松岡茉優がツッコミ「しのりんは、踊らない」 『コウノドリ』舞台挨拶レポ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版