>  >  > イオンと吉本興行が提携

キングコング西野『えんとつ町のプペル』映画も検討 吉本興行がイオンエンターテイメントと提携

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 吉本興行株式会社(代表取締役社長 大崎洋)とイオンエンターテイメント株式会社(代表取締役社長 片岡尚)が27日、映画の製作、宣伝、配給、興行業務において提携することを発表した。

 イオンエンターテイメントは、日本国内最多(90館、763スクリーン)のスクリーン数を誇るイオンシネマの運営会社。お笑い芸人のマネジメントから映画製作まで、幅広くエンターテイメント業に携わる吉本興行との提携によって、映画関連の商品開発や映画から派生するイベントや展示会の開催など、多面的に映画コンテンツを創出することを目指す。

 両社の提携による映画のラインナップとして、キングコング・西野亮廣の絵本で32万部を超えるヒット作となった『えんとつ町のプペル』(アニメ)も検討しているという。

 イオンモールと吉本興行は、2013年9月にエンターテイメント事業に関する基本協定を締結し、よしもと幕張イオンモール劇場のオープン(2013年〜)、ハイスクールマンザイの合同開催(2009年〜)、クールジャパン・コンテンツを海外で展開する合弁会社(MCIPホールディングス)への出資(2014年〜)などの共同事業を積み上げてきた。

「キングコング西野『えんとつ町のプペル』映画も検討 吉本興行がイオンエンターテイメントと提携」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版