>  >  > 間宮祥太朗、シンクロ感を生む演技のポテンシャル

間宮祥太朗のポテンシャルは計り知れないーー『トリガール!』『僕やり』で見せた技術派の演技

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 旬な俳優からベテランまでもが一癖も二癖もあるキャラクターを演じ、怒涛の展開を見せる『僕たちがやりました』(フジテレビ系、関西テレビ)。この出演者陣の中でも、コミカルとシリアスを自由に往来し、ひときわ存在感を放っているのが間宮祥太朗。そんな彼が、これでもかと魅力を炸裂させている『トリガール!』が現在公開中だ。

 間宮といえば、ドラマや映画、舞台と、着実にキャリアを積み重ねている新進気鋭の若手俳優の一人として、広く認知され始めているところだろう。とりわけ筆者個人としては『戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~』(テレビ神奈川、千葉テレビ放送、テレビ埼玉、サンテレビジョン)で見せていた、歌に踊り、弾ける笑顔に、“スター誕生”を予感したものだった。現在では、『帝一の國』や『お前はまだグンマを知らない』など、その端正なルックスから多くの人々が抱くであろうイメージを、ことごとく破壊。その熱演っぷりが印象深く、彼の持つポテンシャルの高さは底が知れない。

『トリガール』

 『トリガール!』は、土屋太鳳と間宮の激しい掛け合いが、なんとも楽しい一作に仕上がっている。2人の“犬猿の仲”で交わされる言葉は、超高速キャッチボールどころか、ほとんどマシンガンの撃ち合いのよう。他の部員たちが、本当にこの2人で大丈夫かと心配するのも当然のことである。しかしこの掛け合いは激しい罵り合いでありながら、不思議と聞いていて不快ではない。これだけの言葉の応酬を、テンポ崩さず交わすことがどれほど難しいか。両者とも、いかに自分のセリフ言うかではなく、いかに相手のセリフを受け、返すか。この連続で成立している。物語が進むにつれ、この掛け合いは見事な「リズム」のように感じられ、果ては人力飛行に必要な「シンクロ」感を生むのだ。

『トリガール』

 半ケツも辞さない覚悟で、坂場役に挑んだ間宮(彼にとっては半ケツくらい、容易いことにも思えるが)。粗野で、やたらと声の大きなキャラだが、腹から響く芯の通った声からは、間宮が技術派で器用な俳優だということが良く分かる。クライマックスのフライトシーンで、本作で芸達者ぶりをさらに進化させた土屋との真剣勝負。狭い密室空間での言葉の応酬は、極限状態で展開される。カナヅチである間宮は、水面を目前とした精神的負荷と、ペダルを漕ぎ続けることによる身体的負荷のある中、次々に言葉を放つのだ。クマを素手で倒したと噂される“狂犬”から、カナヅチとして水を恐れる“子犬”まで、荒々しくも繊細なアプローチで、この快活な男は、笑いも取れば涙も誘う。

      

「間宮祥太朗のポテンシャルは計り知れないーー『トリガール!』『僕やり』で見せた技術派の演技」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版