>  >  > C・シーン主演『ナインイレヴン』公開決定

米同時多発テロ事件をビル内部の視点から描く チャーリー・シーン主演『ナインイレヴン』9月公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チャーリー・シーンが主演を務める映画『9/11(原題)』が、『ナインイレヴン 運命を分けた日』の邦題で9月9日に公開されることが決定した。

 本作は、2001年9月11日、NYワールドトレードセンタービルで起きた米同時多発テロ事件を、ビル内部の視点から描いた人間ドラマ。テロが起こった際にワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然居合わせた、実業家のジェフリーと離婚調停中の妻イヴ、バイクメッセンジャーのマイケル、恋人に別れを告げに来たティナ、ビルの保全技術者のエディの5人が、恐怖と闘いながら外への逃げ道を探す中である決断を下す模様を描く。

 ジェフリー役を演じるシーンのほか、『天使にラヴ・ソングを…』のウーピー・ゴールドバーグ、『バウンド』のジーナ・ガーション、『マグノリア』のルイス・ガスマン、『アントマン』のウッド・ハリス、『リアル・スティール』のオルガ・フォンダ、『映画に愛をこめて アメリカの夜』のジャクリーン・ビセットらが出演する。

 監督を務めたのは、『アイ・ソウ・ザ・デビル ~目撃者~』のマルティン・ギギ。実話からインスピレーションを得た舞台『エレベーター』の映画化を自ら熱望したギギ監督は、「16年前、この悲劇を通して、私たちは同じ感情を分かち合いこの国は団結した。でも今私たちはそれを忘れかけています。だからこそ、いまこの映画、物語に挑戦してみたかったのです」とコメントしている。

■公開情報
『ナインイレヴン 運命を分けた日』
9月9日(土)、新宿武蔵野館、丸の内TOEIほか全国ロードショー
監督:マルティン・ギギ
製作総指揮:マーク・バーグ
製作:ウォーレン・オスターガード
出演:チャーリー・シーン、ウーピー・ゴールドバーグ、ジーナ・ガーション、ルイス・ガスマン、ウッド・ハリス、オルガ・フォンダ、ジャクリーン・ビセット、ブルース・デイヴィソン
配給:シンカ
協力:松竹
原題:9/11/2017年/アメリカ/英語/90分/シネスコ/カラー/字幕翻訳:種市譲二
(c)2017 Nine Eleven Movie, LLC
公式サイト:nineveleven.jp

「米同時多発テロ事件をビル内部の視点から描く チャーリー・シーン主演『ナインイレヴン』9月公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版