浅野忠信『新宿スワンII』で“異質さ”際立つワケ 原作から映画へ、リアリティはどう受け継がれた?

浅野忠信『新宿スワンII』で“異質さ”際立つワケ 原作から映画へ、リアリティはどう受け継がれた?

 今回のストーリーの登場人物の一人のモデルとなった元スカウトマンからも少しだけ話を聞きました。彼は実際に新宿のスカウト会社から横浜に派遣され、横浜で6年間ほど地盤を築いた人物です。「バースト社内の様子はかなりリアルに描かれていますね。実際、新宿はああいうピリっとしたダークな雰囲気でしたよ。争い事もまあ良くありました。ああいう風に格好良くビシッと決める感じでもないですけど、揉め事は日常茶飯事。横浜での人間関係とかは映画ではかなり創作されてましたけど、原作の方はなかなかリアルですよ」とのこと。『新宿スワンII』は、ファンタジーを成立させるリアルとは何か、という視点で観たい作品です。

■DARTHREIDER a.k.a. Rei Wordup
77年フランス、パリ生まれ。ロンドン育ち東大中退。Black Swan代表。マイカデリックでの活動を経て、日本のインディーズHIPHOP LABELブームの先駆けとなるDa.Me.Recordsを設立。自身の作品をはじめメテオ、KEN THE390,COMA-CHI,環ROY,TARO SOULなどの若き才能を輩出。ラッパーとしてだけでなく、HIPHOP MCとして多方面で活躍。DMCJAPAN,BAZOOKA!!!高校生RAP選手権、SUMMERBOMBなどのBIGEVENTに携わる。豊富なHIPHOP知識を元に監修したシンコー・ミュージックのHIPHOPDISCガイドはシリーズ中ベストの売り上げを記録している。
2009年クラブでMC中に脳梗塞で倒れるも奇跡の復活を遂げる。その際、合併症で左目を失明(一時期は右目も失明、のちに手術で回復)し、新たに眼帯の死に損ないMCとしての新しいキャラを手中にする。2014年から漢 a.k.a. GAMI率いる鎖GROUPに所属。レーベル運営、KING OF KINGSプロデュースを手掛ける。ヴォーカル、ドラム、ベースのバンド、THE BASSONSで新しいFUNK ROCKを提示し注目を集めている。

■作品情報
『新宿スワンII』
公開中
プロデューサー:山本又一朗
脚本:水島力也
監督:園子温
原作:和久井健『新宿スワン』(講談社「ヤンマガ KC スペシャル」所載)
キャスト:綾野剛、浅野忠信、伊勢谷友介、深水元基、金子ノブアキ、村上淳、久保田悠来、上地雄輔、広瀬アリス、高橋メアリージュン、桐山漣、中野裕太、中野英雄、笹野高史、要潤、神尾佑、山田優、豊原功補、吉田鋼太郎、椎名桔平
製作:トライストーン・エンタテイメント 講談社 ジャパン・ミュージックエンターテインメント ハピネット
製作プロダクション:トライストーン・エンタテイメント
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
©2017「新宿スワンII」製作委員会

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ