>  >  > 『バイオハザード』最終作、ミラ愛娘出演へ

『バイオハザード』最終作 ミラ・ジョボビッチの愛娘エヴァ・アンダーソン出演へ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月23日に日本で世界最速公開となる『バイオハザード:ザ・ファイナル』より、ミラ・ジョボビッチとポールW・S・アンダーソン監督の愛娘エヴァ・アンダーソン演じる“レッドクイーン”の本編映像が公開された。

 本作は日本発のゲームから生まれた『バイオハザード』シリーズ最終作。ミラ・ジョヴォヴィッチ演じるヒロイン・アリスと、世界をアンデッド化した元凶である宿敵アンブレラ社との最後の戦いを描く。

 このたび、本作において重要なキーパーソンとなるレッドクイーン役を、ミラ・ジョヴォヴィッチとポールW・S・アンダーソン監督の愛娘、エヴァ・アンダーソンが演じていることが明かされた。エヴァが演じるレッドクイーンは宿敵・アンブレラ社が開発した最先端かつ高性能の人工知能で、シリーズ1作目『バイオハザード』にも登場した地下研究所「ハイブ」全体を統御するメインコンピューター。物語の重要な役どころを演じている愛娘エバーの出演について、ミラは「彼女が仕事をしているのを見るのは素晴らしいし、すごく情熱があるから映画の中のとてもワクワクする部分になると思うわ」と共演者として彼女の演技を絶賛している。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』“レッドクイーン”本編映像

 これまでのレッドクイーンと言えば、アリスら生存者を追い込むために様々なトラップを仕掛ける残忍な人工知能だった。このたび公開された本編映像では、テレックス機から突然「ハロー、アリス」と印字された紙がはきだされると同時に出現したレッドクイーンが「48時間で人類は滅びる」とアリスに呼びかける。そんなレッドクイーンに警戒するアリスに「私を止めてほしい」と語り、さらには「後ろ」とアンデッドの存在を教え、アリスの手助けをしている様子が映し出されている。

■公開情報
『バイオハザード:ザ・ファイナル』
12月23日(金・祝)世界最速公開
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ウィリアム・レヴィ、ルビー・ローズ、ローラ
配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
原題:「Resident Evil: The Final Chapter」
公式サイト:BioHazard6.jp

「『バイオハザード』最終作 ミラ・ジョボビッチの愛娘エヴァ・アンダーソン出演へ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版