トビアス・リンホルム監督『ある戦争』予告編、決断せざるを得なかった男の苦悩と家族との絆描く

トビアス・リンホルム監督『ある戦争』予告編、決断せざるを得なかった男の苦悩と家族との絆描く

 第88回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作『ある戦争』より、予告編が公開された。

 本作は、『偽りなき者』『光のほうへ』の脚本作や監督作『シージャック』などで知られるトビアス・リンホルム監督がメガホンを取った戦争ドラマ。部下の命を守るために下した決断によって、民間人11名の命を奪ってしまったデンマーク軍の部隊長クラウスの苦悩と家族との絆を描く。キャストには、『LUCY/ルーシー』のピルー・アスベック、『ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男』のツヴァ・ノヴォトニー、『THE KILLING/キリング』のソーレン・マリン、『エクソダス:神と王』のダール・サリムらが名を連ねる。

『ある戦争』予告編

 このたび公開された予告編では、極限状態下のアフガンで決断した空爆命令により、地元民間人を殺してしまった中クラウスが、軍事法廷でその是非を問われる模様や、妻マリアと子どもたちとのやりとりが映し出されている。アフガンでのシーンでは、本物の俳優は3人のみで、その他のデンマーク軍兵士はすべて元軍人たちによって構成されている。

20160822-Awar-sub.jpg

 

■公開情報
『ある戦争』
10月8日(土)より、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開
監督・脚本:トビアス・リンホルム
出演:ピルー・アスベック、ツヴァ・ノヴォトニー、ソーレン・マリン、シャルロット・ムンク、ダール・サリム
2015年/デンマーク/デンマーク語、アラビア語/115分/DCP/カラー/シネスコ/5.1ch/G/原題:KRIGEN/英題:A WAR
後援:デンマーク大使館
配給:トランスフォーマー
(c)2015 NORDISK FILM PRODUCTION A/S
公式サイト:www.transformer.co.jp/m/arusensou/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる