>  > 『シェル・コレクター』監督が目指したもの

『シェル・コレクター』監督が語る、“比類なきもの”への挑戦 「世の中に“なぞなぞ”を提示した」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リリー・フランキーが主演を務める映画『シェル・コレクター』が、2月27日より公開されている。デビュー作『美代子阿佐ヶ谷気分』で海外の映画祭から高い評価を受けた坪田義史監督が手がけた本作は、アンソニー・ドーアの短編小説を原作としながら、沖縄の自然を舞台とした日米合作の映画である。盲目の貝類学者が、ひっそりと暮らしていた離島に流れ着いた女性・いづみの奇病を偶然にも貝の毒で治してしまったことから、それを知った人々が奇跡的な貝による治療を求めて次々と島に押し寄せ、学者の静かだった生活が豹変していくという物語だ。詩的な映像と実力派の役者陣による演技によって、独自のタッチを獲得した同作は、どんな狙いで制作されたのか。

「西洋の文化を東洋の叙情に脚色するのは面白いと思った」

20160301-tsubotath.jpg坪田義史監督

ーーリリー・フランキーさんをはじめ、寺島しのぶさんや池松壮亮さん、橋本愛さんなど錚々たるキャストが出演しています。撮影現場はどんな雰囲気でしたか?

坪田:キャストの方々は皆「もう、わけのわからない映画を……」という感じで(笑)。ただ、その“わからなさ”に興味もって頂いて楽しんでいる雰囲気はあったと思っているんですけれど、そう考えているのは僕だけですかね?

ーー(笑)たしかに不思議な魅力に満ちた作品です。キャストもそれぞれ個性的な役柄で、独特の雰囲気を醸し出しています。

坪田:リリーさんの創作物や出演作には以前から注目していて、本作の主人公はリリーさんしかいないと思ってオファーさせていただきました。まだ引き受けてくださるかどうかわからないという段階で、夜中の2時くらいにリリーさんの行きつけのバーに行って初めてお会いしたんですけれど、様々な分野でボーダーレスな表現者として活躍されている方なので、寓話と現実の狭間を描く本作にぴったりだと感じました。達観しているようでありながら、「おでんくん」のようなキャラクターを生み出すどこか少年のような感性もあって。

ーー寺島さんや橋本さんらの存在感もすごかったです。

坪田:寺島さんはずっとファンで、今回きわどいシーンもあったりして、お会いするまで緊張していたんですけど、実際、現場で会うと非常に気さくな方で安心しました。演技力はもちろんですが、カメラのフレームの中に寺島さんが入ると「絵画的」になるので、いつまでも撮っていたい方でした。橋本さんは、ほとんど台詞のない役柄ですが圧倒的な存在感を放っていますよね。キラキラと輝きを放つ方で、レフ板が要らないくらい。橋本さんの撮影のときは「存在感出して、存在感!」ってばかり言っていたような気がします(笑)。橋本さんは純粋でふわふわした雰囲気も持っていますけれど、真っ青な海の前を真っ赤な服で歩いている姿は、すごく鮮烈でした。

2shot-th.png(C)2016 Shell Collector LLC(USA)、『シェル・コレクター』製作委員会

ーー沖縄の情景が非現実的なまでに美しく切り取られています。しかし、原作はアンソニー・ドーアの短編小説ですよね。アメリカ文学を日本で映画化しようと思ったのはなぜですか?

坪田:僕が前回撮った『美代子阿佐ヶ谷気分』はマンガ原作で、アパートの密室を舞台にした男女の話だったので、それとは対照的な自然と人を題材にした原作に惹かれたのがきっかけです。大自然の中にぽつんと人がいるイメージを広げて物語を描きたい、という欲求が湧いてきまして。盲目の貝類学者という、見えないからこそ手探りで物の質感を探るという感覚的な側面もある。盲目の貝類学者が、自然の中に身を委ね、見えないからこそ、自然の本質を感知し、暗闇の中を一筋の光に向かって進んでいくようなものを描きたいと思いました。この原作と出会ったとき、僕自身はアメリカにいてちょうど震災が起こった後でしたので、自然への畏怖や諦観というテーマも深いメッセージ性を持つと考えました。また、海外文学を日本映画として作り上げるという試みも、ほかにはあまりない珍しいやり方なので、西洋の文化を東洋の叙情に脚色するのは面白いと思ったんです。そこで、アメリカ文学の原作権をどう取得するのかというところから模索して、少しずつ映画化の企画が具体化していきました。

ーープロデューサーにエリック・ニアリ氏が参加するなど、日米合作の色が濃いですね。

坪田:いまはSNS等で世界中と繋がる時代なので、こういうやり方は今後、膨大に増えていくと思っています。一方で、配信サービスなども充実し、世界中の様々な映画を観ることができる環境が整ってきているので、ますますボーダーレス化は進むのではないかと。自宅でも映画を気軽に観ることができるようになって、映画館が少なくなっているという問題もあるけれど、少なくとも世界中の映画ファンと繋がることができるようになったのは良いことだと思います。

ーー本作は、一般的にイメージされている日本映画とは異なる雰囲気を獲得できていると感じました。

坪田:アメリカ文学が原作ということもあると思うけれど、リアルな劇映画というより、ファンタジーな世界感、寓話性を持たせようとして撮ったので、そこがほかの日本映画と違ったのかもしれない。リリーさんが寓話と現実の狭間で揺れ動いている姿を記録するような感じでした。僕は映画に限らず、既成のものってあまり好きじゃなくて。せっかく自分で映画を撮るのであれば、比類なきものとは、何なんだ?と考えて作ってます。

      

「『シェル・コレクター』監督が語る、“比類なきもの”への挑戦 「世の中に“なぞなぞ”を提示した」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版