>  >  > 福山功起監督、最新作『鉄の子』を語る

『鉄の子』特別試写会開催 福山功起監督と主題歌担当のGLIM SPANKYが登壇

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月5日、東京・神楽座で行なわれた『鉄の子』特別試写会に、監督の福山功起と主題歌を担当したアーティスト・GLIM SPANKYが登壇した。

 同作は2月13日公開の映画で、田畑智子が主演を務めるほか、佐藤大志、舞優、裵ジョンミョン、スギちゃんらが出演。鋳物の町として古くから知られる埼玉県・川口市を舞台に、親の身勝手に振り回されながらも懸命に生きる方法を探す子どもたちを描いたヒューマンドラマだ。鋳物工場の職人だった父を亡くした小学生の陸太郎が、母親の再婚により兄妹となった同学年の真理子と「リコンドウメイ」を結成し、両親を離婚させようと画策するという内容になっている。

 福山はイベント冒頭、自身の実体験をもとに作った同作について「どんな監督も映画の中に実体験のようなものは入りますからね」と前置きしつつ、タイトルについて「川口は鉄の街で、僕はよく家族の映画を撮っていて、プロデューサーから『「鉄の子」なんてどうだろう?』と提案されたのがきっかけです。その時に、子供の成長物語と鉄というキーワードにピンときました」と語った。

 また、GLIM SPANKYのメンバーは作品をひと足先に鑑賞したとのことで、松尾レミ(Vo., Gt.)は印象に残ったシーンについて「トンネルを使って遊ぶシーンが出てくるんです。それが私たちの地元の風景と被って。見ていくにつれて子供の気持ちに一緒になれて、感情移入してとても感動しました」と語り、亀本寛貴(Gt.)は「よく『5歳児みたいだね』って言われるからかもしれないけど(笑)、自然と子供たちの感情に入っていける」とコメントした。

 その後、福山は楽曲を音楽プロデューサーから渡され、聴いてすぐに主題歌起用を決めたことを明かす。司会者からの「監督としてどんなところを気をつけて音楽を取り入れていますか?」という質問に対しては、「音楽というのは映画の半分以上に使われているものですから、効果という意味では大切にしている」と語り、続けて「悲しい時に悲しい音楽が流れる時があれば、その逆の音楽をあえて流すときもある。ここは音楽プロデューサーなどと相談しています」と、制作の裏側を語った。ほかにも、福山は映画の演出について「お芝居お芝居しないように、子どもは子どもの演技をしてもらうように、スギちゃんには『芸人ではなく、ひとりの町工場の職人であって欲しい』とお願いした」と述べた。

 イベント後半の質疑応答では楽曲のタイトルにちなみ「大人になってみてわかったことは?」という質問が飛び出し、松尾は「『大人ってどういうことかいつになってもわからない』ということがわかりました」と意味深な答えを返し、亀本は「『運転免許は高校卒業前に取っておくべき』。タイミングを逃してしまい、地元に帰るとお母さんに『車乗せて』とお願いしてしまう。結局、高校生時代と何も変わってないんですよね(笑)」と答え、会場からは大きな笑いが起こった。また、福山は「映画を見てもらうとわかるんですが、子どものころはあまりお金がなくて『大人になったら自分の子には色んなものを買ってあげよう』と思っていたけど、実際に大人になると自分が食っていくので精一杯ですね(笑)」と言って笑いを取った。

20160206-glimm2.JPG

 

 その後はGLIM SPANKYがミニライブを披露。2人によるアコースティックセットで「大人になったら」をパフォーマンスし、亀本が演奏する泣きのギターと、松尾のパワフルな歌声で、観客を釘付けに。最後には映画の試写会が行なわれ、イベントは幕を閉じた。

(取材・文=リアルサウンド編集部)

■公開情報
『鉄の子』
監督:福山功起
脚本:守山カオリ、福山功起
エグゼクティブプロデューサー:瀧沢裕二
プロデューサー:桝井省志
配給:KADOKAWA

<キャスト>
田畑智子、佐藤大志、舞優、裵ジョンミョン、スギちゃん

映画『鉄の子』オフィシャルサイト
www.tetsunoko.jp

■インストアライブ情報
2016年1月30日(土) 21:00~ 東京・タワーレコード新宿店
2016年1月31日(日) 16:00~ 大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店
2016年2月7日(日) 13:00~ 愛知・タワーレコード名古屋PARCO店

■リリース情報
2nd Mini ALBUM『ワイルド・サイドを行け』
発売:2016年1月27日(水)
初回限定盤:CD+DVD ¥2,500+税
通常盤:CD ¥1,500+税

<CD収録曲>
1.ワイルド・サイドを行け(テレビ東京系『ゴッドタン』の2月期エンディングテーマ)
2.NEXT ONE(ブラインドサッカー日本代表公式ソング)
3.BOYS&GIRLS(トランスフォーマーフェス テーマソング)
4.太陽を目指せ(テレビ東京系『ポンコツ&さまぁ〜ず』エンディングテーマ)
5.夜明けのフォーク

<初回限定盤DVD収録内容>
1.サンライズジャーニー
2.焦燥
3.MIDNIGHT CIRCUS
4.ダミーロックとブルース
5.褒めろよ
6.WONDER ALONE
7.リアル鬼ごっこ
8.NEXT ONE
9.大人になったら
10.さよなら僕の町

■ライブ情報
『“ワイルド・サイドを行け”ツアー』
日程:4月2日(土)名古屋 SPADE BOX
OPEN 17:30/START 18:00
価格:¥3,500(ドリンク別)

日程:4月3日(日)大阪 JANUS
OPEN 17:30/START 18:00
価格:¥3,500(ドリンク別)

日程:4月16日(土)恵比寿 LIQUIDROOM
OPEN 17:00/START 18:00
価格:¥3,500(ドリンク別)

オフィシャルサイト
http://www.glimspanky.com/
テレビ東京『ゴッドタン』
http://www.tv-tokyo.co.jp/god/

「『鉄の子』特別試写会開催 福山功起監督と主題歌担当のGLIM SPANKYが登壇」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版