>  >  > 『ズートピア』主題歌にDream Ami

Dream Ami、『ズートピア』日本語版主題歌の担当に 「全力で臨ませていただきます」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20160224-zootopia.jpg(c)2016 Disney. All Rights Reserved.

 4月23日に公開される映画『ズートピア』の日本語版主題歌を、Dream Amiが担当することが決定した。

 『ズートピア』は、ディズニー・アニメーション最新作となる、動物たちの“楽園”を舞台にしたファンタジー・アドベンチャー。動物たちがハイテクな文明社会で暮らす世界を舞台に、ウサギのジュディ・ホップスが、警察官になりたいという夢を叶えるため、大都会“ズートピア”を訪れる模様を描き出す。ディズニー作品のヒットメーカー、ジョン・ラセターが製作総指揮を務め、『塔の上のラプンツェル』のバイロン・ハワードと『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーアがメガホンを取る。

 Dream Amiは、本国版ではシャキーラが歌う「トライ・エヴリシング」の日本語版を担当。ジュディが夢を叶えるため大都会“ズートピア“へと旅立つ時、自分自身を励ますようにイヤホンで聴いている曲で、「失敗したって、何度でも頑張るわ!」というジュディの前向きなメッセージが込められた、夢を叶えたい全ての人に贈る応援ソングになっている。また、Dream Amiは、ズートピアのポップスター、ガゼル役の日本版声優を務めることも決定している。

「ズートピア」主題歌♪トライ・エヴリシング /Dream Ami

 『アナと雪の女王』をはじめディズニー・アニメーション全作品に携わっているミュージック・スーパーバイザーのトム・マクドゥーガルは、「日本語バージョンを作るにあたり、Dream Amiの歌をいくつか聴かせてもらったのですが、一発で気に入りました。もともとJ-Popが大好きなんですが、彼女はこの曲を歌うのにピッタリのアーティストですし、まさしく完璧なチョイスだと思います」と、Dream Ami起用の経緯を明かしている。また、プロデューサーのクラーク・スペンサーは「この曲のポジティヴなメッセージを見事に捉え、感情たっぷりに歌い上げていて、本当に素晴らしいですね。ノリのいいポップソングではありますが、アーティストはそこに込められた想いやメッセージをきちんと心で感じ取って歌う必要があります。彼女の歌声からは、それがしっかりと伝わって来ます」と、Dream Amiの表現力を称賛している。

 今回大抜擢されたDream Amiは、「このような大役をいただけるとは想像もしていなかったので、夢のような感覚です。多くの方がそうであるように、私も小さい頃からディズニー映画に魅了され続けてきた1人ですので、突然夢が叶いとても嬉しく、幸せに感じております。ご期待に沿えるよう、そして、映画『ズートピア』を盛り上げられるよう全力で臨ませていただきます」と、楽曲にかける熱い思いを寄せている。

■公開情報
『ズートピア』
4月23日(土)2D/3D全国ロードショー
製作総指揮:ジョン・ラセター
製作:クラーク・スペンサー 
監督:バイロン・ハワード/リッチ・ムーア
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)2016 Disney. All Rights Reserved.
公式サイト:Disney.jp/Zootopia

「Dream Ami、『ズートピア』日本語版主題歌の担当に 「全力で臨ませていただきます」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版