>  >  > SWアート、清水寺でお披露目

『スター・ウォーズ』アートが世界遺産清水寺でお披露目 SWシリーズ6作品の地上波放送も決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開を記念し、本日11月30日、京都の清水寺にて、「『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』風神雷神図屏風」と「『覚醒』の書」がお披露目された。

 お披露目の場となった世界遺産の清水寺本堂舞台には、新型ストームトルーパー2体が見守る中、京都府知事の山田啓二が赤い十字のライトセーバーを、ルーカスフィルム公認の新キャラクターを描き屏風を制作したニッポン画家・山本太郎が青いライトセーバーを携え登壇。世界遺産でのお披露目という緊張感が漂う雰囲気の中、カウントダウンと共に2人がライトセーバーを振り下ろすと、山本が制作した作品が登場。

 『スター・ウォーズ』の世界観を表現した「『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』風神雷神図屏風」には、本作のヒロイン・レイが風神となり、赤い十字のライトセーバーを持った悪役カイロ・レンが雷神として描かれた。また、清水寺貫主の森清範による「『覚醒』の書」は、新ドロイドBB-8をイメージし、丸みがかった力強い文字で書かれた。日本文化と『スター・ウォーズ』が融合した両作品がお披露目されると、早朝に行われたイベントにも関わらず、集まった観客からは感嘆の声が漏れた。

 京都府知事の山田啓二は、「『スター・ウォーズ』は黒澤作品へのオマージュも多く、私自身は<最高のチャンバラ映画>だと思っていて、元々大好きで自宅にシリーズ全作品があります。現在、京都は琳派400年という記念すべき年を迎え大いに湧いています。そして、この屏風にも琳派の“たらしこみ”の雲の技法が活かされていて美しい作品ですので、是非、『フォースの覚醒』大成功を願うと共に京都にこの屏風を見に来てほしいです」とコメント。

 風神雷神図屏風を制作したニッポン画家の山本太郎は、「お話を頂いた時は、まさか自分が『スター・ウォーズ』の新作に関わることになるとは思わず大変なプレッシャーを感じましたが、大変光栄でした。(風神レイは)非常に美しい女性で、日本画が持っている美人画の美しさが出るよう意識しました。BB-8はペットのような愛らしさを出すように致しました。カイロ・レンは悪の心の表現と、黒い衣装のキャラクターなので、黒色の描き分けには苦心しました」とコメントしている。

 また、新作の公開を記念して、『スター・ウォーズ』シリーズ6作品が地上波で放送されることも決定している。最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開日当日の12月18日(金)に、日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」枠にて21時から放送される、シリーズ1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』を皮切りに、翌週12月25日(金)には、物語の始まりを描いた『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・オブ・メナス』が同じ「金曜ロードSHOW!」枠で放送される。さらに、12月末から年明けにかけて、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』が関東ローカルの深夜枠で、劇場公開順に放送される。

金曜ロードSHOW!2週連続【スター・ウォーズ祭り】

12月18日(金)21:00~22:54、日本テレビ系列にて放送
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

12月25日(金)21:00~22:54、日本テレビ系列にて放送
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』

映画天国(特別版)【深夜のスター・ウォーズ祭り】

12月29日(火)1:55~6:00、日本テレビにて放送(月曜深夜、関東ローカル、放送枠拡大)
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

12月31日(木)3:10~6:00、日本テレビにて放送(水曜深夜、関東ローカル)
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

1月2日(土)3:10~5:50、日本テレビにて放送(金曜深夜、関東ローカル)
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

■公開情報
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
12月18日(金) 全国ロードショー
監督:J.J.エイブラムス
脚本:ローレンス・カスダン
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

「『スター・ウォーズ』アートが世界遺産清水寺でお披露目 SWシリーズ6作品の地上波放送も決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版