日向坂46 加藤史帆、「君しか勝たん」センター抜擢 大きな変動生まれたフォーメーションを読む

日向坂46『ひなたざか』(通常盤)

 4月18日放送の『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系/以下、ひなあい)で、5月26日リリースの5thシングル曲「君しか勝たん」のフォーメーションを発表。加藤史帆が、けやき坂46時代の「ハッピーオーラ」以来となるセンターに抜擢された。そこで大きな動きを感じる本作のフォーメーションについて考えたい。

 <「君しか勝たん」フォーメーション>

1列目:河田陽菜/金村美玖/加藤史帆/小坂菜緒/丹生明里
2列目:東村芽依/上村ひなの/高本彩花/齊藤京子/佐々木美玲/濱岸ひより/渡邉美穂
3列目:富田鈴花/髙橋未来虹/高瀬愛奈/山口陽世/松田好花/影山優佳/森本茉莉/宮田愛萌/潮紗理菜/佐々木久美  

 加藤史帆は、『ひなあい』での活躍はもちろん、年始の『芸能人格付けチェック!2021お正月スペシャル』(テレビ朝日系)や『逃走中~ハンター迎撃作戦』(フジテレビ系)にも出演したことで一気にお茶の間的知名度を上げた。4月からは『ラヴィット!』(TBS系)で期間限定レギュラーとなるなど注目メンバーになっている。パフォーマンス面でもグループを支える実力者で、3月26日に行われた『デビュー2周年記念キャンペーン「春の大ユニット祭り!」』でも安定的な歌声を聴かせていたのも印象的だ。人気、実力ともに日向坂46への貢献度を考えれば、加藤がセンターに立つのは当然の結果と言えるかもしれない。以前「ハッピーオーラ」でセンターになった際にはネガティブな言葉を吐いたが、今回「嬉しいです!」と言い切ったことに成長と自信を感じた。

 これまでセンターの両端ポジションとしてほぼ固定とされていた加藤と齊藤京子。今回加藤がセンターになったことでその軸が変わったことも興味深い。とはいえ、齊藤は本作で2列目の中央となり“裏センター”に。曲中に前後の移動が多い日向坂46は、裏センターがセンターになる場面も多く、本作でも加藤とのコンビプレイを期待できるだろう。また、3列目中央には表現力の高さに定評がある影山優佳が抜擢。こちらの活躍にも期待したい。

 加藤と齊藤コンビに代わって、センターの両脇に入ったのが小坂菜緒と金村美玖の“なおみく”コンビ。ファンの間でも仲の良さが知られている2人だけに感慨深い組み合わせだ。また、フロントの両端には河田陽菜と丹生明里の”おみそしる”コンビも。2ndシングル曲「ドレミソラシド」以来となるフロント抜擢となった。端のポジションはダンスに定評のあるメンバーが配置されるケースが多く、本作でも2列目端には東村芽依と渡邉美穂、3列目端には富田鈴花と佐々木久美と盤石な体制となっている。そうした中で、一番重要なフロントの両端に抜擢された河田と丹生。どんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。