Brave Girls、“チャート逆走”の大躍進でバイラル首位に 口コミが火付け役となったシンデレラストーリー

参照:https://spotifycharts.com/viral/jp/weekly/latest

 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。同チャートを1週間分集計した数値の今週分(4月8日公開:4月1日~4月7日集計分)のTOP10は以下の通り。

1位:Brave Girls「Rollin’」
2位:My Bloody Valentine「Only Shallow」
3位:スペシャルウィーク(CV.和氣あず未)、サイレンススズカ(CV.高野麻里佳)、トウカイテイオー(CV.Machico)、ウオッカ(CV.大橋彩香)、ダイワスカーレット(CV.木村千咲)、ゴールドシップ(CV.上田 瞳)、メジロマックイーン(CV.大西沙織)「ユメヲカケル!」
4位:ROSÉ「On The Ground」
5位:4na「hazama」
6位:和ぬか「寄り酔い」
7位:宇多田ヒカル「One Last Kiss」
8位:Mom「あかるいみらい」
9位:My Bloody Valentine「When You Sleep」
10位:ARIANNE「Komm,susser Tod (M-10 Director’s Edit.Version)」

 先週のチャートから1位と2位が逆転した今週のチャート。サブスク再解禁に沸くMy Bloody Valentine「Only Shallow」を抑えて、念願の首位を獲得したのは、韓国の女性アイドルグループ Brave Girls「Rollin’」だ。「Rollin’」は3月中旬からチャートに登場し始め、首位獲得を射程範囲に収めるものの、最高順位は2位に甘んじていた。本国、韓国の様々な音楽チャートではすでに1位を総なめにしているだけに、とうとう日本にも人気が飛び火した形となった。

[Brave Girls – Rollin’] KPOP TV Show |#엠카운트다운​ | M COUNTDOWN EP.701 | Mnet 210311 방송

 ここ数年を振り返るとK-POPアイドルがチャートを席巻することは、あまり珍しいことではないが、「Rollin’」がチャートを上り詰めるまでの道のりは一筋縄ではなかった。実は「Rollin’」のリリースは2017年3月にさかのぼり、発売当初はチャートの成績も芳しくなく、鳴かず飛ばずの状態だった。以降もヒット曲に恵まれず、解散の話題があがるほどにBrave Girlsの人気は低迷。そんなさなか、大逆転の契機となったのが、YouTubeにアップされた韓国陸軍慰問ステージだった。