GENERATIONS メンバー分析【入門編】Vol.7:関口メンディー

GENERATIONS 関口メンディー、ラップ&ダンスのダイナミックな存在感 愛されキャラでバラエティでも活躍中

 ボーカルの片寄涼太、数原龍友、パフォーマーの白濱亜嵐、関口メンディー、小森隼、佐野玲於、中務裕太からなる7人組ダンス&ボーカルグループ、GENERATIONS from EXILE TRIBE。王道J-POPから最先端のダンスミュージックまで、幅広い音楽性で多くのファンを魅了している彼らは、俳優やバラエティタレントとしても精力的に活動しており、Jr.EXILEの中で特にお茶の間に浸透しているグループと言えるだろう。2月10日にリリースした最新シングル『雨のち晴れ』も、土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(テレビ朝日系)の主題歌として放送中。始動から10周年を迎える2021年も、7人のさらなる活躍が期待される。そこで本連載では、個性豊かなGENERATIONSのメンバーを1人ずつフィーチャー。第7回はパフォーマーの関口メンディーについて紹介していく。

関口メンディー

 関口メンディーは、1991年1月25日生まれでアメリカ・ニュージャージー州出身。父親がナイジェリア人、母親が日本人というハーフだが、1歳の時に日本に移住したため、2018年には「英語を話せると世界が広がると思うんですよね。いま勉強している最中なんです」(※1)と語っているものの、長年“いかにも英語が話せそうなのにじつは話せない”というキャラだった。キッズダンサー経験のあるメンバーが多いGENERATIONSだが、関口がダンスを始めたのは、意外にも大学生になってから。それ以前は、保育園から高校生まで野球一筋で、小学生の頃の夢はプロ野球選手という生粋の野球少年だった。中学時代も、レベルの高いところで野球がしたいと硬式野球のボーイズリーグのチームに所属し、練習に励んだ。しかし、好調だった小学生時代から一転、硬式野球に転向したことで上手くいかないことが増え、「プロ野球選手は難しいなと思うようになった」という。高校に進学する際も、推薦で野球の強豪に入っていく先輩達のようになりたいと思いながら、実際はそこまでレベルを上げられず、希望通りではない形で高校に入学。高校最後の試合で初戦負けをしたことで、一生懸命野球に打ち込んできた自分とチームメイトとの温度差を実感したそうで、追い打ちをかけるように大学のセレクションに受からなかったことが、野球を辞める決め手となった(※2)。

 一度は芸人に憧れて“NSCに入りたい”と親に相談するものの、大学には行ったほうがいいと説得され、結果的には“体育の先生になりたい”という理由で日本体育大学に入学。「勉強だけじゃ足りないなと思って、趣味程度になにかやりたいなと思った時に、たまたまダンスサークルの先輩の方に声をかけていただいて、練習会を見に行った」(※3)ことがきっかけでダンスを始めた。なお、そのダンスサークルには、後にGENERATIONSの候補生仲間になる劇団EXILE・町田啓太の姿もあり、ダンスを始めたばかりだった関口は「上達したいときは『とにかくうまい奴のそばにいる』」(※4)というマイルールに従い、サークル内でも特にダンスが上手かった町田の家に週5で通うように。さらに上達するため、サークルの先輩の紹介で、EXPG東京校に入学した。

 すると、それから間もなく、LDH内で新たに若い世代のグループを結成するというプロジェクトが始動。関口は2011年にEXPG内で開催されたオーディションを受けると、1週間の合宿を経て、小森・佐野・中務と共にGENERATIONSの候補生に選ばれた。そして同年7月、EXPG内のオーディションから選抜された関口メンディー、小森隼、佐野玲於。劇団EXILEから町田啓太、白濱亜嵐。『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2 ~夢を持った若者達へ~』のファイナリスト片寄涼太、数原龍友という候補メンバー7名でGENERATIONSが始動。当時を振り返り、同級生の町田は「本当に入る前から知っていたので、まさか同じLDHにいるとは!別々のルートできていたので“お前、何してるの?なんか一緒になっちゃったね”って(笑)」(※5)という腐れ縁エピソードを明かしている。だが、2012年、町田が俳優業に専念するために候補メンバーから離脱。関口自身も、度重なる遅刻が原因で一時的に脱退扱いとなり、『夢者修行 ~第二章~』のメンバーから外されることに。それでも、自主的にボランティアを行ったり、メンバーが『夢者修行 ~第二章~』を行っている間に自分もパワーアップしたいとラップを始めたり、信用を取り戻すために努力する姿が認められて復帰。サポートメンバー 中務裕太の加入が決まると、2012年11月21日、現体制のGENERATIONSとしてシングル『BRAVE IT OUT』でメジャーデビューを果たした。2014年には、EXILEの新メンバーを決める『EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION』にも挑戦。他のメンバーも参戦したが、GENERATIONSからは、リーダーの白濱と関口がEXILEの一員に抜擢された。

GENERATIONS from EXILE TRIBE / BRAVE IT OUT