Snow Man 佐久間大介×向井康二、グループの雰囲気作るムードメーカーコンビ

Snow Man

 連日バラエティ、クイズ、歌番組などに出演したり、雑誌の表紙を飾ったり、衰えることのない人気を見せるSnow Man。デビュー以前より、「SixTONES&Snow Man徹底解剖」では微力ながら彼らの応援になれば……と、各メンバーはもちろんコンビの魅力にもフィーチャー。最後のコンビとなる今回はSnow Manのムードメーカーコンビ、佐久間大介と向井康二の“さくこじ”をご紹介したい。

 奇しくも、3月18日放送の『Snow Manの素のまんま』(文化放送)のパーソナリティは、佐久間と向井。SNS上では「楽しみ」、「絶対おもしろい」、「30分じゃ足りなそう」と早くも期待の声が多く見られる。というのも、“さくこじ”はSnow Manの雰囲気を作っていると言っても過言ではないほど明るい2人だからだ。公式YouTubeチャンネルにアップされている数々の動画はもちろん、バラエティ番組に出演した際なども、この2人が積極的に笑いを取りに行く様子が見られる。以前、深澤が『Myojo』2020年6月号の10000字インタビューで「おまえ(佐久間)はムードメーカーというか、Snow Manのムードそのもの」と語っていたことがある。まさにその通りで、向井が加入した後はより一層そのその色合いが強くなっていったように感じる。冠番組の『それSnow Manにやらせて下さい』(Paravi/TBS系)でもそうだ。2人とも大きく通る声のため、とにかく目立つ。自らボケを発していくことはもちろん、他のメンバーがさり気なくボケるとそれに全力で乗っかり、番組の盛り上がりに一役買っているのである。

 そんな“さくこじ”は、グループでのポジションはもちろんパーソナルな部分でも似ている点がある。例えば、メンバーとの距離の近さ。この2人は身体的にも心理的にもパーソナルスペースが狭いタイプ。佐久間は今も自分のことを人見知りと言っているが、メンバーに対しては別だ。「大好き」、「メンバーのためならできる」と話すほどだからこそ、壁のようなものを一切取っ払って自由に振る舞っている。向井はもともと人懐こいタイプで、よくメンバーと肩を組んだり、くっついたりしているシーンを見る。ジャニーズJr.チャンネル最終回となった「ジャニーズJr.チャンネル卒業旅行で寝るの禁止!&重大発表」では、もはや向井と佐久間が布団の上をゴロゴロと転がり、最終的に馬乗りになって殴るという寸劇も披露していたほどだ。

Snow Man 【最終回】ジャニーズJr.チャンネル卒業旅行で寝るの禁止!&重大発表