『Ethos』インタビュー

fhána、ファンの声を重ねた新作で伝えたいこと 2つの「Ethos」制作の裏側

 fhánaが、3月12日に配信シングル『Ethos』をリリースした。表題曲は昨年12月開催のオンラインライブ『fhána Sound of Scene ONLINE “Ethos”』にて初披露され、楽曲はもちろん、そのパフォーマンスにはfhánaのこれからの在り方が示されていたように思う。さらに、今作には募集によって集まったファンのコーラスを重ねた「Ethos Choir caravan feat. fhánamily」も収録。まさにfhánaとファンの想いが凝縮された作品となっている。

 新型コロナウイルスの影響により日常と非日常の境界線が曖昧になった2020年、そしてそれは2021年を迎えてもなお続いている。そんな日々の中で音楽を生み出し続けるtowanaと佐藤純一に、2020年から現在に至るまでの心境、今作の制作背景などを聞いた。(編集部)

「Ethos」はファン含めてみんなで作る曲にしたかった

ーー前回は佐藤さん単独のインタビューで、towanaさんの取材は約1年ぶりとなるので、まずは特殊な1年となった2020年を振り返ってもらいたいと思います。

towana:……つらい1年でした。特に、4月〜6月くらいが一番つらかったです。いまはコロナと付き合いながら生活をしていかなければならない状況になっていますが、当時は世界中が初めての事態に直面していて、外に出ることもできないし、ライブも無くなってしまいましたし、私はこれから歌えなくなってしまうのか? という不安や苦しさに襲われる日々でした。結果的に、オンラインライブは2回開催することができましたが、12月の『fhána Sound of Scene ONLINE “Ethos”』の最後の曲(「gift song」)で1年を思い返しながら歌っていたとき、一番最初に浮かんだのは「今年1年つらかったな」という思いでした。

――「gift song」を号泣しながら歌唱していたシーンが印象に残っていたのですが、そういった感情によるものだったのですね。そこから『fhána Sound of Scene ONLINE “Ethos”』で披露した新曲「Ethos」や、ファンのコーラスを募集して作った「Ethos Choir caravan feat. fhánamily」のように、みんなと歌でつながることを通して、少しは前向きになれましたか?

towana:はい。オンラインライブは、みなさんから私たちの顔はわかるけど、私たちからは見えないことが少し寂しくて。以前なら会場にいて、顔を見て歌えていたので、そういう当たり前だったことができなくなった寂しさはなかなか拭えなかったんです。でも、「Ethos Choir caravan feat. fhánamily」で400本以上のファンの方の声を1本1本聞きながらレコーディングして、本当に生身の人間がそこにいるような実感がすごく湧いてきたんです。日本中の、もしかしたら世界中のふぁなみりー(fhánaファンの総称)のみなさんが、家やスタジオで練習して、録音して送ってくれたんだと思い、かなり慰められました。

towana

ーー佐藤さんに聞きたいのですが、「Ethos」はそういったポジティブな効果をもたらす楽曲として作り始めたんですか?

佐藤純一(以下、佐藤):結果的にそうなった、と言えるかもしれません。昨年7月に行った最初のオンラインライブ(『fhána Sound of Scene ONLINE “Pathos”』)が終わったあとは、色んなものが同時に走っていて。まずは、ほかアーティストとのコラボ企画。fhánaの裾野を広げるために、色んなジャンルのアーティストとコラボするような企画を定期的にやっていきたいという話が1つあって。それとはまた別に、すごく大変だった2020年を締め括るような曲を作りたいということ。「Pathos」は4人だけで演奏を完結して、ミックスもマスタリングも全部自分がやって、歌詞もtowanaが書いて、だから最小人数で作った曲なんです。対して「Ethos」は、みんなで作る曲にしたいなと思って。ファンの皆さんの声を募集して、それを重ねるような曲ーージョン・レノンの「Happy Xmas(War Is Over)」のような曲を作りたいと思ったんです。あと、1度目のオンラインライブで可能性を感じたので、もう一度年内にはライブをやろうと決めていましたし、それらとはまた別にスクウェア・エニックスさんとサンリオさんによる『SHOW BY ROCK!! Fes A Live』とのコラボで新曲を作る、というお話もいただいていたんです。

ーーかなり大変な期間だったんですね。

佐藤:そういう状況も加味して、「Ethos」の制作はかなり大変でした。「Pathos」を作った1度目のオンラインライブの準備期間は「世の中がガラッと変わったタイミングだからこそ、何かすごいことをやらなければ」という使命感があり、かなりハイな状態になっていたから、制作も順調に進んだんです。ただ、今回の準備期間だった秋から冬にかけての期間は、世の中のムードが半端な状態になっていたというか……。

ーーたしかに、コロナの感染者は目減りしたもののゼロに近い数字にはならず、少しずつ外出をするようになりましたが、寒くなるにつれ感染者が微増していったことで「このあとどうなるんだ……?」と身構えていました。

佐藤:エンタメも、映画は上映しているし外食もできるし、有観客ライブも少しずつ再開しているものの、ここから一気に、というよりはなし崩し的に始まりましたよね。

ーーそういう状況なので、ライブを行う基準はクリアしているものの実施に踏み切れないというアーティストさんも多かった気がします。

佐藤:このまま「あれ、そういえばコロナってどうなったんだっけ?」と、フェードアウトしながら元の世の中に戻っていくのかなとモヤモヤしていたのが、去年8月から10月にかけての時期だったんです。そうなると、2020年を総括する曲を作ろうとしたときに「2020年がどういう年だったのかつかめないな」と、迷いも生まれたんです。11月末から12月にかけて、ようやく「Ethos」の制作が前に進み始めました。そのくらいの時期から、この危機的状況がしばらく続くだろうという深刻なムードが世の中を覆って行きました。そうなってようやく「2020年は悲しい年だった」とつかめたんです。「Pathos」は哀愁や悲しさもあるけど爽やかさもあるニュートラルな曲ですが、「Ethos」はより物悲しさが前面に出る曲になりました。

ーーそれで「Ethos」がライブに間に合ったわけですね。

佐藤:じつはかなりギリギリだったんです(笑)。元々は今回リリースする「Ethos Choir caravan feat. fhánamily」を12月のライブで披露しようという話になっていたんですが、コーラスを集める期間がないということもあり、2021年から始まるコラボ企画の第一弾として、ファンのみんなとのコラボ曲としてリリースできるなと。進めていた2つの企画が融合したんです。

佐藤純一

ーーなるほど、「Ethos」と「Ethos Choir caravan feat. fhánamily」は、後者を先に作る予定で進んでいたんですね。

佐藤:というか、2つのバージョンを作る予定はなく、ファンのコーラスを重ねた曲、ひとつを作るつもりでした。ただ、歌のプリプロレコーディングやtowanaのコーラスを録ったり、アレンジを詰めていくなかで、これはこれでfhánaの曲として完成したなと思い、ファンの方のコーラスを重ねたバージョンは別に作ろうということになりました。

ーー「Ethos」という曲名は、もともとライブに銘打ったものでもありますし、「Pathos」と「Logos」があった時点である程度予想のつくタイトルでした。この3つはアリストテレス『弁論術』においてセットで語られる言葉ですよね。

towana:私はそんな流れにするつもりもなく、ただ書いた歌詞をもとに「Pathos」と付けたんですけど(笑)。

ーーあれ、そうなんですか!

towana:この曲を聴いた林(英樹/fhána楽曲の大半で作詞を担当)さんが、ライブに向けて「Logos」を書いてくださって。そうきたら次の曲は「Ethos」でしょう、という流れです。

佐藤:僕は「Pathos」というタイトルを聞いたときに真っ先に『エヴァンゲリオン』が思い浮かびましたね(笑)。

ーーそんな流れがあったとは。「Ethos」の制作については、ある漫画が突破口にもなったそうですね。

佐藤:先ほどお話しした流れで楽曲は完成したんですが、林くんの歌詞がなかなかまとまらなくて。そもそも「Ethos」というワード自体、捉えどころがない言葉なので。「習慣」という意味を持つ言葉ではあるんですが、それを踏まえて、オンラインミーティングやオンラインライブなど、人々の習慣が変わっていくなかで、失うこともあるけど新しく始まる習慣もあるという歌詞にしようと思ったんですね。でも、最初は道徳の教科書のような歌詞になってしまって、ちょっと真面目過ぎるなと。それでずっと突破口を探していたんです。最初からあった〈どこまで行けばいい? 深い闇をくぐり抜けて〉あたりの歌詞にすごくエモーショナルなものを感じていて、ちょうどリアルタイムで読んでいた漫画とすごくリンクして。その漫画の物語や登場人物と、歌詞の方向性が噛み合って、さらにtowanaらしさもあるように感じたんです。「Ethos」のプリプロレコーディングが前日に迫るなか、林くんに「その漫画を読んでください」と電話で話して、林くんが一夜にして全巻読破し、一気に歌詞をまとめあげてようやく「これだ!」というものに着地できたんです。その漫画は何かは、ぜひ歌詞などを読んで皆さんで考察してもらえると嬉しいです(笑)。

fhána – Ethos (Official Music Video)