BEYOOOOONDS、華々しいデビュー襲ったコロナ禍 各ユニットリーダーに聞く変化

 2019年にメジャーデビューしたBEYOOOOONDS。1stシングル『眼鏡の男の子/ ニッポンノD・N・A!/ Go Waist』はオリコン週間ランキングで1位、同年の『日本レコード大賞』の新人賞も受賞するなど、華々しいメジャーデビューを飾った。しかし、2020年に入ると新型コロナウイルスが感染拡大。これからというときに、コロナ禍によってライブや作品リリースをストップせざるを得なくなってしまった。

 2021年となり、BEYOOOOONDSがいよいよ動き出す。3月3日に2ndシングル『激辛LOVE / Now Now Ningen / こんなハズジャナカッター!』をリリースした。コメディタッチな要素を取り入れたハツラツなパフォーマンスからは、重苦しさ漂う世の中を少しでも明るくさせようとする気概を感じる。

 リアルサウンドではBEYOOOOONDSを構成する3ユニットのリーダーにインタビュー。CHICA#TETSUの一岡伶奈、雨ノ森 川海の高瀬くるみ、SeasoningSの平井美葉に、2020年の経験によって生まれた心境の変化や、今後目指していきたいグループ像について話を聞いた。(編集部)

平井「再出発するための準備期間だったのかもしれません」

――2019年は、1stシングル『眼鏡の男の子/ ニッポンノD・N・A!/ Go Waist』がオリコン週間ランキングで1位になり、その後『日本レコード大賞』の新人賞も受賞されました。2020年はこれからというときだったと思いますが、コロナ禍となり活動がしにくい状況になってしまいましたよね。

一岡:2019年は1年を通していろんなことをやらせていただきました。メンバーといる時間も長くて充実していて。確かに2020年は活動がちょっと減って、メンバーと会う機会も少なくなったんですけど、そんななかでYouTubeの「お家でもびよんず学校」をやれたことは大きかったです。みんな個性や趣味がはっきりしてるので、動画を通して発信できたことで、新しいファンを増やすきっかけになったと思います。2020年は、自分的にはすごく濃い一年でした。

【お家でもびよんず学校~総合的な学習の時間編~#1】

――BEYOOOOONDSは、いい意味でバラバラな個性がありますが、動画を展開したことでより浮き彫りになった印象です。一岡さんは鉄道好きとしても活躍されていましたよね。

一岡:個性が出たことで、ソロでも仕事をするメンバーが増えてきたのですごく良かったです。「お家でもびよんず学校」は、撮影や編集も基本は自分たちでやってたので編集技術も学べました。YouTuberの方の大変さを感じながら、動画を見てもらうにはどうしたらいいか考えながることもできたので、届ける/伝える側としてはすごく勉強になりましたね。

一岡伶奈

――高瀬さんはいかがですか?

高瀬:応援してくださる方々から反応が返ってくることのありがたさに気づけました。会えない分、SNSをマメに投稿するようにしてたんですけど、毎回たくさんの反応が返ってきてすごく嬉しいです。自分は恵まれた環境にいるんだなぁと再認識しました。自分を見つめ直す時間もできたので、結果的には自分がなりたい像に近づけた一年だったのかなと感じます。

ーーグループ全体の変化としてはどうでしたか?

高瀬:メンバー個人の活動を一視聴者として見れたことで、「このメンバーはこういうところが面白いんだ」とか「こういうところを引き出せたら、この子の良さがもっと伝わるんだろうなぁ」というのを再認識できました。よりBEYOOOOONDSのことを好きになりました。

――特にどのメンバーに感じましたか?

高瀬:島倉りかちゃん、清野桃々姫ちゃん、山﨑夢羽ちゃんは自分からぐいぐい喋りにくるわけではないんですけどパッと振られたら独特な返しをしてくれますし、前田こころちゃん、西田汐里ちゃんは意外としゃべることに対して意欲的なんだなってことに気付いたりしました。

――平井さんはこの一年いかがでしたか?

平井:2019年は、デビューの年ということで盛りだくさんで。それまで大学生として普通に生きてきたので、まずはお仕事に慣れるところから始まりました。メンバーにもすごく助けてもらいましたし、一緒にオーディションで入ってきた小林萌花ちゃん、里吉うたのちゃんと支えあいながら乗り越えてきた感じもありました。BEYOOOOONDSとしての絆が深まった1年だったなと思います。2020年はその勢いのままもっと広めていこうと思ってたんですけどこういうことになって……。もちろん動揺はしたんですけど、YouTubeの動画企画をやったり、ドラマに出るメンバーがいたり、写真集を出すメンバーがいたり、個人での活動もすごく増えましたし。個々の強みを活かして活動していけていることに、私はすごく感動しまして。私も、負けていられないなという気持ちになりました。

平井美葉

ーー平井さんはInstagramでオリジナルの振付動画を投稿していて、ブログでもご自身が手がけた絵や写真を投稿していたり、得意なことや趣味を発信されている印象です。

平井:実は、これまで目立とうとする気持ちが全然なかったんです。「眼鏡の男の子」のMV撮影でもずっと後ろにいて、メンバーが見かねて前に出してくれたぐらい(笑)。でも、みんなの活動を見て火がついたというか。音域が狭すぎて歌が苦手だったんですけど、上手くなりたいなって思ったり。自分の強みと弱みを理解して改善していけた2020年でした。年の後半には、J-POPバラードをハロープロジェクト!のメンバーでカバーするコンサート(『Hello! Project 2020 ~The Ballad~ 』)があったんですけど、この公演でステージに立つときのメンタルが強化されて。グループとして活動ができるようになった今も、それがすごく活きています。2020年は、また再出発するための準備期間だったのかもしれません。

「Hello! Project 2020 〜The Ballad〜」 November 3, 2020 Start 18:15・PACIFICO YOKOHAMA – Digest –

高瀬「こんなズバズバ踏み込んでいくアイドルはなかなかいない」

――世の中全体が重苦しい空気になっているなかで、BEYOOOOONDSのようなハツラツとしていて明るい存在はより必要とされるように感じます。皆さんはBEYOOOOONDSというグループについてどう感じていますか? 

一岡:BEYOOOOONDSは、一緒にいて元気をもらえるくらい与える力がすごく大きいと思います。特に「ビタミンME」という曲は勇気をもらったと反応をくれる方が多くて。これからもパワーを与えられる曲を大切に、元気を与えていきたいですね。あとは、ライブが出来るような時期になったら、いろんなところに出向いていっぱいパフォーマンスしたいです。生だからこそ伝わることもあると思うので。

高瀬:BEYOOOOONDSは、いわゆる正統派アイドルではないじゃないですか。でも、だからこそできることってたくさんあると思うんです。今回のシングル曲で改めて実感しました。

高瀬くるみ

ーー新曲に対して高瀬さんは「「今(Now)だからこそあなたの心に刺さる」(「Now Now Ningen」)、平井さんは「世の中甘くないけれど…辛さも一筆足せば「幸」になります」(「激辛LOVE」)とコメントされていて。こうしたコメントからも、世の中の状況を考えながらパフォーマンスされてるんだと改めて感じました。

高瀬:この時代の、この状況で、こんなにズバズバ踏み込んでいくアイドルはなかなかいないと思います。でも、BEYOOOOONDSだったらそれがオッケーになる。これは私たちの強みだと思うので、今後もそれを活かして落ち込んでる人がくすっと笑えるような、小ネタ満載の曲を武器にしてアピールしていきたいです。この状況が辛いと感じてる人たちの気持ちがちょっとでも和らいでくれたら嬉しいです。

平井:私たちだからこそ歌える楽曲が本当に多くて。「こんなハズジャナカッター!」はまさに私たちの曲だなと。

ーー「こんなハズジャナカッター!」は、BEYOOOOONDSの方向性を自虐的に歌った曲ですもんね。

平井:あとは「Now Now Ningen」も「激辛LOVE」もコロナ禍になった状況を踏まえた曲で、中身と私たち自身が伴っているというか……うまくいかない状況を私たちも実際に経験してるじゃないですか。聴いてる方たちと、同じ辛さを経験しているからこそ、届くものが大きいと思ってます。

ーーなるほど。

平井:私たちは、今この状況を皆さんと一緒に生きています。なので、私たちがポジティブな存在になって、皆さんを良い方向に連れていけたらと思っています。