『IT’S ALL ME - Vol.2』インタビュー

AI、“ピースでありたい”という願い 海外アーティストとの制作秘話やAwichとのコラボも語る

 デビュー20周年を迎えたAIが、『IT’S ALL ME -Vol.2』を2月24日にリリースする。前作となる『IT’S ALL ME -Vol.1』は、日本語を噛みしめるような温かい歌モノ作品だったのに対し、今作は海外のプロデューサーとタッグを組んでヒップホップ色が濃くなり、鋭角かつ普遍的なメッセージ性が浮き彫りになるような作品だ。そしてリリックのタイプも様々でありながら、コロナ禍や“Black Lives Matter”など様々な社会問題を受けて、「ピースでありたい」という心からの想いが全体に通底している。Awichとコラボした「Not So DIfferent」のMVはその象徴的な作品だと言えるだろう。今回はAIへのインタビューを通して、『IT’S ALL ME -Vol.2』各曲の刺激的な制作秘話や、ライブに向けた想いなどを語ってもらった。(編集部)

AI – Mini Album『IT’S ALL ME – Vol.2』Digest

「自分のすべてを見せるのは決して恥ずかしいことじゃない」

ーー昨年11月22日でデビュー20周年を迎えたAIさんですが、そこへの気持ちからまず聞かせてください。

AI:20周年ということで、こういった取材でメディアの方々がいろいろと活動を掘り下げてくれて。昔の懐かしい映像が出て、「ちょっとちょっと!」って恥ずかしくなる瞬間もありましたけど(笑)、でも感慨深いものではありますよね。去年は20周年イヤーでやろうとしていたことが多々なくなってしまいましたけど、自分としては「まあ、そういうときもあるよな」と思いながら、できることに対して取り組んでいってましたね。

ーーコロナ禍で、昨年9月から予定されていたツアーは延期されてしまいましたからね。

AI:そうそう。延期を重ねて、今ようやくできるタイミングにはなったんですけど。でもね、そうやってツアーができなかった分、曲の制作やレコーディングが進められたりとか、あとは子供たちと一緒に過ごす時間をたくさん作れたのは逆にありがたいことでもありました。

ーーその時々の状況を受け入れながら、しっかり前を向けていたんでしょうね。

AI:そうですね。世の中で起きてる状況に対して、「わー、どうしよう!」って焦ってばかりいてもしょうがないから。

ーー昨年7月にリリースされたミニアルバム『IT’S ALL ME -Vol.1』と、それに続く新作『IT’S ALL ME -Vol.2』には、海外の様々なクリエイターとともに作り上げた楽曲が多数収録されています。最近のAIさんはそういったコラボを積極的に行っていますが、そこにはどんな理由があったんですか?

AI:ひとつは2020年に東京でオリンピックが開催されるということで、私がずっと掲げている“世界が平和になって欲しい”“みんなが仲良くなって欲しい”というメッセージを、海外のクリエイターと一緒に作った楽曲で表現してみたかったんですよね。あと、私はニュースを見るのが好きなんですけど、今は世界中で本当に様々なことが起きているじゃないですか。なので、それを曲に落とし込むこともしたかった。そういったアイデアの中で世界の5大陸のアーティストをフィーチャーして曲を作るのもいいねっていう話も出て、そこで生まれたのが台湾のMJ116と一緒に作った「You Never Know」(2019年11月リリースの20周年記念アルバム『感謝!!!!! –Thank you for 20 years NEW & BEST-』収録)や、ドミニカ共和国のラッパー・Jenn Morel、Joeliiと一緒にやった「Kokoro」(『IT’S ALL ME -Vol.1』収録)といった曲たちなんです。

ーーなるほど。

AI:まあでもそういったプロジェクトもコロナでいろいろ変更せざるを得ない状況になってしまって。オリンピックまで延期になってしまったわけだから。本当であればアフリカのアーティストとコラボする予定もあったので、残念ではありましたね。とはいえ、当初の思いで作っていた曲たちはサウンドはバラバラだけど、どれもピースになってもらいたいというメッセージを込めて作っていたので、それをしっかり形として届けていく意味はあるんじゃないかなとは思っていますね。

ーーそれらの楽曲群を収録するシリーズ作品に「IT’S ALL ME」というタイトルを掲げたのはどうしてだったんですか?

AI:「Vol.1」を作ったとき、収録曲に統一感がないなって思ったんですよ(笑)。そこには海外のクリエイターと作った曲もあれば、CMや映画のタイアップで作ったものもあったので、サウンドの方向性や曲の雰囲気が全然バラバラで。自分としてはね、すべてが自分の好きなものであるからまったく違和感はないんですけど、聴いてくれる人がどう感じてくれるかはわからないじゃないですか。なので、タイトルで「IT’S ALL ME」って言っておこうかなっていう。いろんな曲が入ってるけど、全部が私なんだよって。

ーー確かにミニアルバムを聴いていて浮かび上がってくるのは、紛れもないAIさんの強い個性ですからね。

AI:あとはもうひとつ。こういうタイトルを掲げることで、自分のすべてを見せるのは決して恥ずかしいことじゃないんだよっていうことをメッセージしたかったところもありましたね。聴いてくれる人にそういう部分も感じてもらえたら嬉しいです。

「海外クリエイター陣との作業は本当に刺激的」

ーーでは改めて、今回リリースされたミニアルバム『IT’S ALL ME -Vol.2』の仕上がりに関してはどんな手ごたえを感じていますか?

AI:前作以上に、自分の趣味が思い切り入ったアルバムになりましたね。メッセージ的にも自分の言いたいことがいっぱい詰め込まれているし、サウンドにも自分の好きなR&Bやヒップホップな感じの音も多いんですよ。今回はタイアップ曲として作ったものがなかったので、自分勝手な感じで作れたところがあったんだと思います(笑)。

ーー歌詞はどれも前を向いた内容になっている印象ですが、そのテーマは幅広いですよね。女性の本音を歌う「Off You」や、ワナビー的なことを歌う「Expectations」なんかはかなりおもしろかったんですけど。

AI:その2曲に関しては、実はほとんどが海外のライターが考えた内容になってるんですよ。「Expectations」はコライトした部分もあるけど、「Off You」はもう完全にもらったもの。でもね、それを聴いたときにすごくかっこいいなと思って気に入ったんです。「Off You」のような陽気な曲が入っていることでアルバムとしてのバランスもよくなるし、聴いてる人も和むんじゃないかなって。今回収録するにあたって、元々なかったDメロをつけ加えたりはしましたけどね。恋愛してる相手に対してちょっと怒ってる女性の気持ちを描いた曲を歌うのはけっこう久しぶりだったので、自分としても楽しめました。

ーーゼロベースでコライトしていく曲がある一方で、ご自身が気に入れば提供曲に素直にのっかれるっていう柔軟さもまたAIさんらしいところですよね。

AI:もらった曲を自分なりに歌う楽しさもありますからね。「Off You」はデモの段階では男性が歌ってたんですよ。オートチューンばりばりで、すごくダルダルな感じで歌ってて、その雰囲気がおもしろかった。まあ自分が歌ってみたらデモよりはシャキッとした雰囲気になっちゃったんだけど(笑)、それはそれでいいかなっていう。

ーー「JUMP」はどう作られたんですか?

AI:この曲は先にトラックだけもらって、その上に自分でリリックとメロディを書いていきましたね。ラップでもしてみようかなと思ってやってみたんですけど、久しぶりすぎてちょっとサビついてる感じが自分ではしましたけど(笑)。でも最終的にはいい形に仕上がったと思います。

ーー海外のクリエイター陣との作業は刺激的なものですか?

AI:そうですね。特に海外に行って一緒に作業すると、ものすごく刺激になります。彼らがどうやって楽曲を作っているのかが直接見られるわけだから。世界のトップアーティストを動かして、いい歌を歌わせているのは今回一緒に仕事をしたようなクリエイターやプロデューサーたちなんですよね。そういう意味ではアーティスト以上に重要な人たちだったりするわけで。だから私は彼らのことをものすごくリスペクトしていますね。

ーーその人ごとに曲の作り方は様々でしょうから、そういった部分でのおもしろさもありそうですよね。

AI:そうそう。今回の曲はほとんど自分の好きなように歌っちゃいましたけど、「Expectations」のトラックを作ってくれたバーナード“ハーヴ”ハーヴィーだけはがっつりディレクションまでやる人だったんですよね。現場にはCherishっていうグループをやってた双子の女の子もいて、彼女たちもまた「Singing like this」みたいな感じで、歌の雰囲気を伝えてくれたりして。それがほんとに上手くて最高なんですよ。だから私は変に自分の色を出そうとせず、言われたままに歌うことができるんです。そういうやり方もまた楽しいものだし、ものすごく勉強になりますよね。海外に行くと、本当にいろんなことを吸収できます。