ぜんぶ君のせいだ。に聞く、新曲「堕堕」で爆発した7人の個性 「孤独になっても頑張れる場所が見つかるよって伝えたい」

ぜんぶ君のせいだ。に聞く、新曲「堕堕」で爆発した7人の個性 「孤独になっても頑張れる場所が見つかるよって伝えたい」

「“メイと个喆が入ってカッコよくなったね”と言ってくる方が増えた」

ーー自分が最初に聴いたとき、シャウトしているのは个喆さんとメイさんの2人なのかなと思ったんですよ。というのも、そこにつれづれのエッセンスを強く感じたからで。シャウトの歌詞が楽曲のポイントになっている点でも、つれづれらしい曲だなって思いつつ、全体を見渡すと非常にぜん君。らしい曲になっている。その意味では、お互いのDNAが掛け合わさったような楽曲だと思ったんですよね。

如月:完全にそうですね。つれづれは自分からしたら後にできたグループなので、「一生ライバルどころか、ウチらが上だぞ!」ぐらいの気持ちなんですけど(笑)、やっぱりすごく尊敬していたし、曲に対する読解やライブも好きだったから、つれづれからメイとこてちゃんが入ると決まったときも喜びしかなかったんですよ。シャウトを大事な部分で使うことで曲の重厚感がグッと増したし、歌詞を書いてくれたGESSHI類さんもかなりつれづれを意識してくれていると思います。でも遊びが多い部分は、いかにもぜん君。っぽいなって。

ーーまさに、そこが面白かったです。遊びの部分には、今のグループのどんな一面が表れていると感じますか。

如月:7人になったことで遊び心はだいぶ増えているんですけど、どっちかというと患いさん(ぜん君。のファンの総称)に対して言っていることも多くて。〈此れはZKS的なタネ証〉のところで、「この7人が覚悟を持って進むことを想像していました? この先も普通の激動じゃもう終わらないよ?」みたいな、最初からちょっとふざけて遊んでるんですよ。7人体制になって批判もきっとあると思うんですけど、「なんで見ていないのにそう言えるの?」っていうくらい、ひねくれ要素が強く入っていて。自分たちは今が一番カッコいいと思っているからそう言えるんですけど、ライブ中はみんな結構大変な顔して歌ってますね。楽しそうな百鬼夜行みたいにライブしてます(笑)。

ーー最高にクレイジーですね。

如月:クレイジーにやってますね。メイとこてちゃんが培ってきたものもあるし、5人がお互いの感情を受け渡すことを絶やさずやっていたから、7人の楽しさの相乗効果がめっちゃ生まれているんですよ。この曲のおかげでそれがもっと増えているから、自分たちの今だなって思います。

十五時:まだライブで7人を見てない人は、絶対見に来てほしい。

襲:この曲を歌っているときは、「7人を見て、見て、見て~! どこ見ても楽しいやろ!」っていう気持ちでです(笑)。

メイ:ライブ中の「堕堕」って、7人の遊びの個性が爆発してるよね。自己紹介曲じゃないですけど(笑)、グループを一番出せるわかりやすい曲だなって思います。

襲:しかも、〈安定思考は禁止に〉って言ってるから(笑)。

暗:お茶目だよね!

メイユイメイ

ーーぜん君。は止まらないということを象徴していますよね。前作の「インソムニア」も「止まらない。ついてこれるか!」くらいの気持ちを歌っていたと思いますし、常にその時その時の言葉で前進する意志を表現しているのが、ぜん君。の楽曲の面白さだと思います。

如月:そうですね。しかもそんなに上から言ってるのに、やっぱり〈君〉と一緒にいたいので、かなりわがまま(笑)。

全員:ははははは。

如月:だから根っこの部分は変わってないです。〈君〉への愛がヘビーだからこそ、逆に「そこで悩まないで着いてきて」と思っちゃうんですよね。

ーーその「君への想い」というのは、患いさんに対してなのか、メンバーに対してなのか。どっちが強いんですか。

メイ:メイは7割方は患いさんに向けていて。メイと个喆が入るのに賛否両論あるのはわかってたんですけど、「堕堕」をライブで聴いたことで「2人が入ってめっちゃカッコよくなったね」とか「入ってくれてありがとう」と言って下さる方が増えたんです。だから「堕堕」をやるときは、まだ知らない人に対して「見とけよ!」くらいの気持ちで(笑)、患いさんに向けて歌っているところはあります。7人の戦闘曲みたいな感じですし、シャウトするときは、誰かメンバー探して「ついてきな」って思いながらシャウトしてます。

暗:私はメイメイの後だから、もうめちゃくちゃ気合い入れてシャウトしてますね。「負けんぞ。繋ぐぞ」っていう気持ちで。

甘福氐 喑

「孤独だからこそ今できることがある」

ーー皆さんのいい意味でのバチバチ感が、楽曲にちゃんと反映されていて最高ですね。ここまで、自分も“ぜん君。らしさ”と何度か言ってきましたけど、グループ結成から6年近く経って、その中身自体は目まぐるしく入れ変わってきたわけですよね。だからこそ、“ぜん君。らしさ”も少しずつ変化してきているように思うんですけど、そこはどうでしょうか。

如月:それはないですね。ぜん君。って、そもそも“ぼっち”の集まりなんですよ。みんな日常でなぜかはぐれてしまった人たちだから、自分の弱い部分とかを歌っているんですけど、それはずっと変わっていなくて。その中で、「無題合唱」とか「僕喰賜君ノ全ヲ」みたいな曲を徐々に出していくことで、弱い部分を持った人たちが集まって「お互いがいるからここが居場所になる」というのを歌ってこれたんですよね。

ーーたしかに。

如月:メイと个喆もはぐれ者じゃないですか(笑)。で、十五時は自分で言ってるけど何も努力をしてこなかったはぐれ者(笑)。ふふはそもそも何者にもなってなかったと言ってポンっと現れた人だし、襲はぜん君。しか見えてなかった人だし、甘福氐は「ぜん君。はちょっと……」って思いながらもコドモメンタルの反骨精神に憧れてきてくれた人で。みんな、もともと仲間がいっぱいの人じゃないんです。不器用だし、グループ内でぶつかることもよくある。だからそれ自体は前から変わってないし、むしろ私はそういう人たちが好きなのかもしれないです。ぼっちだからこそ、1周まわってダサいこと・苦しいことも言えちゃうし、一人じゃ生きていけないことも知っているから「君が一緒にいてくれないと寂しい」って言えるわけで。孤独な人たちで居場所を作る、愛の重みはずっと変わってないなって思います。

ふふ:ふふもそう思います。外部に友達がいなくて、ぼっちの集まりで……ふふにとっても、ここしかないんですよ。だからこそ、初めて自分を曝け出す場所ができたというか。

如月:どこでもよう寝るもんね(笑)。

ふふ:うん。いびきもかくし、曝け出しまくってる。

雫ふふ

ーー(笑)。ただ、曝け出せる居場所を作れたことで、ある意味ぼっちじゃなくなったわけですよね。もともと皆さんの中にあった孤独や寂しさは、今も残っているものなんですか。

襲:あぁ……私が寂しいのは、みんなと会わない日くらいです。

暗:わかる(笑)。

十五時:1日会わないだけで、すっごい久しぶりみたいになるもんね。でも、そういう気持ちになるからこそ「居場所なんだな」って。そういう意味では寂しくなくなったかも。

ふふ:昨日ゾンビ映画を見ていて、仲間が死んでいくシーンですごく泣きました。「居場所がなくなる」と思って。で、目が腫れました(笑)。

ーー(笑)。如月さんは?

如月:私は、今でも孤独はありますよ。何回もメンバーに去っていかれたので、一瞬でもライブ中に思い出すと、急に一人に感じることがあって。でも、逆にそれを持っているのは武器だと思っているので、誰よりも孤独を表現できると思うし、昔に比べたら「孤独が悲しい」というよりは、「孤独だからこそ今できることがある」っていうふうに思います。

ーー孤独の表現に駆り立てられるのは、ステージに立つ者としての使命感もあるからなんでしょうか?

如月:というよりは、ただ「もう離さんといてー!」って内にも外にも言ってる感じです。「こんなに苦しい、孤独だって思うのは自分だけでいい。もう他の人はそういう思いをしないでください」という気持ちで、それをちょっとずつライブで出すと、この子たちが「離さないよ~!」と言ってくれるから(笑)。使命感とかはないですね。ぜん君。を続けることはちょっと使命感があるんですけど、孤独を表現するのは「そうなっても頑張れる場所が絶対見つかるよ」って、プラスのイメージで患いさんに伝えたいからです。患いさんが一緒に泣いていたりすると、「一緒に泣ける相手がいるってことは、一人じゃないじゃん」って。

ーーそれを生で感じられるからこそ、やっぱりライブはいいですよね。

如月:そうですね。気持ちが通じてるなって思います。

个喆:……離しません!

十五時:離さないよー!

メイ:7人は永久不滅だよ!

如月:はははは。辞めるという選択肢がないから言えることだけど、決して自分からは手を離してこなかったですし、みんなも離さないでいてくださいねという気持ちです。

サイン入りチェキプレゼント

ぜんぶ君のせいだ。サイン入りチェキを2名様にプレゼント。応募要項は以下の通り。

応募方法

リアルサウンド公式Twitter公式Instagramをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウント、もしくはInstagramアカウントよりDMをお送りさせていただきます。
※チェキはランダムでの発送となりますので、メンバーの指定は受け付けておりません。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter
リアルサウンド 公式Instagram

<締切:3月3日(水)>

■リリース情報
ぜんぶ君のせいだ。12thシングル『堕堕』
2021年2月17日(水)¥1,000(税抜)
<収録曲>
1.堕堕
2.never ending xxx
3.堕堕 (instrumental)
4.never ending xxx (instrumental)

■関連リンク
ぜんぶ君のせいだ。公式サイト
ぜんぶ君のせいだ。公式Twitter

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる