コンビニ愛満載の「Famima Rap」バイラルチャート首位に ファミチキ、柿の種……ユーモラスなサンプリングと普遍的な歌詞

 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。同チャートを1週間分集計した数値の今週分(2月11日公開:2月4日~2月10日集計分)のTOP10は以下の通り。

1位:Matt Cab, MIYACHI「Famima Rap」
2位:Ado「うっせぇわ」
3位:えぬ「想無」
4位:Olivia Rodrigo「drivers license」
5位:SugLawd Familiar,OHZKEY,Vanity.K「Longiness」
6位:Who-ya Extended「VIVID VICE」
7位:JESSIA「I’m not Pretty」
8位:Chinozo「グッバイ宣言」
9位:藤田織也「ALL MINE」
10位:Masked Wolf「Astronaut In The Ocean」

Matt Cab, MIYACHI「Famima Rap」

 今週のSpotify週間バイラルチャート1位に輝いたのは、Matt CabとMIYACHIによる「Famima Rap」。テレビ出演を果たすなど、注目度の高まっているAdo「うっせぇわ」をおさえての1位獲得である。去年からSNSを起点に徐々に高まっていた「Famima Rap」の人気が、フル音源の配信開始をきっかけに目に見えて大きく芽を出した形になった。

 ラッパーのMIYACHIとシンガーソングライター/プロデューサーのMatt Cabの共作となる本楽曲は、タイトルの通り、コンビニのファミマ(ファミリーマート)を題材にしたもの。ヒップホップソングにありがちな具体名のフィーチャーだけにとどまらず、トラック、リリック共にファミリーマートへのリスペクトが溢れ出す内容となっている。〈ファミマのために曲作りました/ファミマ thank you〉というラインから始まる本楽曲は、まさにファミマ讃歌といってもよいだろう。

MIYACHI and Matt Cab – Famima Rap (Official Audio)