香取慎吾が持つ「誰かを喜ばせたい」という思いに触れてーー渡辺直美との初MC特番で見せた、2人のポジティブな姿勢

 香取慎吾が2月14日、渡辺直美と共にスペシャル番組『ニッポンのレジェンド発掘SP さいしょの人はスゴかった!!』(日本テレビ系)に出演し、2人では初のMCを務めた。

 この番組は、今ではすっかり“当たり前”となっているものを「はじめて◯◯したレジェンド」として注目。その偉業を讃えながら、彼らが見せた生き様から学びを得ていく知的エンターテインメントだ。

 オンエア前に、香取はInstagramに渡辺との2ショット写真を投稿。そこには「久々のMCだし、知ってるスタッフの人ゼロだし、ドキドキ、ドッキリかも?!とか思いながら、直美がいてくれて良かったぁ~って楽しみました!」とのコメントも。

 香取本人が「ドッキリかも!?」と思うほど、久しぶりになっていた地上波テレビでのMC。知っているスタッフが誰もいないというのは、それだけ離れていたことを実感する言葉だ。「はじめまして」のスタッフたちを前に「久々に香取慎吾をテレビでMCさせた人たち」と笑って場を温める姿に、さすが“みんなの慎吾ちゃん”と言いたくなる出だしとなった。

 香取と渡辺は、2008年から2014年の最終回まで『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で共演した仲。以前、渡辺が『7.2 新しい別の窓』(ABEMA)にゲスト出演した際、香取の計らいに感謝していたのを思い出す。曜日レギュラー陣となる前、渡辺には“いいとも少女隊”としてのアシスタント期間があった。

 “いいとも少女隊”は、企画で使用するアイテムなどを運び、番組がスムーズに進行するのをサポートするのが仕事で、あまりスポットライトが当たらない役回り。そんな渡辺に、香取は罰ゲームを説明するとき、いつも「飲むとこうなりまーす」とセンブリ茶をわたし、「うわー、ニガーい!」というリアクションを渡辺が取る流れがお約束に。そのやりとりで「ピンスポを当ててくれた」「すごく嬉しかった」と話していたのを思い出す。

 今回、顔見知りゼロの現場である香取に対して、渡辺は知り合いのスタッフがいるという状況だった。かつての恩返しと言わんばかりに、香取を盛り上げたいという気持ちが強かったのではないだろうか。

 そんなお互いに手を差し伸べ合う仲の2人がMCを務めた番組は、日曜の午後にぴったりなハートウォーミングな空気となった。はじめて日本にキリンを迎え入れた際に、港から上野動物園まで大八車で運ばなければならなかったというエピソードのVTRを見ながら、2人は「えー!」「バレバレだよ!」と騒ぎながらツッコミを入れていく。

 さらに、「プリクラ」こと「プリント倶楽部」の生みの親がリモートで登場すると、まさかの香取がブームの火付け役だったことが判明。1991年から1996年まで放送していたバラエティ番組『愛ラブSMAP!』(テレビ東京系)で香取がプリクラを紹介すると、瞬く間に話題に。ゲームセンターの片隅に置いていただけのプリクラは、1000億円超の経済効果を生み出したというのだ。

 “その売上は生みの親に入るのか?”という素朴な疑問を渡辺が問いかけると、「年4回のボーナス+ピンドン(ピンクのドンペリ)」という変化球の返答が。当時18歳の香取の頑張り、そして女子中高生を中心とした若者のお小遣いが、ピンドンになっていたという少々リアルなトークも、自然体な2人がいるからこそ清々しい笑いになる。