アンジュルム 上國料萌衣、バラエティからCMまでマルチな活躍でファン急増 “あざとかわいい”だけじゃない魅力に迫る

 ハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)屈指の最強ヒロインが、ついに世間から見つかった。バラエティ番組『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)のコーナー「あざとカラオケ」で話題を集める、ハロー!プロジェクト・アンジュルムのメンバー上國料萌衣(かみこくりょう・もえ)。通称かみこ。同番組初登場で松浦亜弥の「LOVE涙色」を披露し、「可愛くて歌が上手いこの子は、誰?」とTwitterのトレンド入りを果たした。以降も星野源の「恋」や森高千里の「私がオバさんになっても」など度々番組に再臨。また、2年連続でマクドナルドのマックフルーリーCMに抜擢され、雑誌『bis』の専属モデルを務めるなどますます活躍の場を広げている。

「あざとくて何が悪いの?」YouTube限定あざとカラオケ~アンジュルム 上國料萌衣/LOVE涙色/松浦亜弥~
マックフルーリー® なんでだろう feat.上國料萌衣(アンジュルム)

 華やかなルックスが目立つ彼女だが、その魅力は可愛さだけじゃない。透き通るような歌声は「クリスタルボイス」と評され、ステージでは圧倒的な存在感を放つ。今回は、最近上國料萌衣に心奪われつつある方々へ、彼女の魅力を紹介したい。

アンジュルム『限りあるMoment/ミラー・ミラー』(通常盤A)

 上國料は、熊本県出身の現在21歳。2015年11月に、アンジュルムの4期メンバーとして加入した。実は、アンジュルム加入以前に『モーニング娘。’14<黄金>オーディション』を受け、最終選考で落選をしている。モーニング娘。のプラチナ期に憧れていた彼女は、失意のどん底に落ち、しばらくハロプロの楽曲を聞けなくなるほどだったそう。しかし、スマイレージから改名したアンジュルムの勢い新たな楽曲「大器晩成」に感化され、アンジュルムのオーディションに挑戦。たった一人で合格する。日に焼けた肌や大きな目は“南国少女”そのもので、当時オーディションを審査したシャ乱Qのたいせいは“最大の魅力は『ピュア』。スッと立っているだけで目を引く、不思議な魅力がある”と語っていた。初参加シングル曲「次々続々」ではセンターをつとめ、曲中のセリフは上國料の代名詞となった。

アンジュルム『次々続々』(ANGERME[One by One, One after Another])(Promotion Edit)

 研修制度のあるハロプロにおいて、歌もダンスも素人で加入することは、相当なプレッシャーもあっただろう。しかも、初参加の「次々続々」はハロプロの16ビートをきかせた、ダンスの難易度も相当高い楽曲。デビュー間も無く立った武道館では、マイクを震わせていた彼女だったが、ステージを重ねるごとに驚くべき成長を見せてきた。「あざとカラオケ」出演のきっかけにもなったであろう『ひなフェス2017』で披露された「LOVE涙色」の見事なソロパフォーマンスは今でもファンの間で絶賛。これまでの積み重ねから彼女が“努力の人”であることは間違いないだろう。だからこそ、アンジュルムの力強い楽曲がよく似合う。『コンサートツアー2018春 十人十色+』でメンバーそれぞれが選んだ曲を歌唱するメドレーでは、「新しい私になれ!」を選曲。自身の決意を投影するように〈小さな偏見を捨て/生まれ変わりたい〉と歌った。最近では後輩への指導も行うなど、可愛さ・努力家に加えてたくましさも魅力になっている。「ミラー・ミラー」の落ちサビ、〈君が見抜いて〉の表情にはハッとさせられる。

アンジュルム『ミラー・ミラー』(ANGERME [Mirror, Mirror])(Promotion Edit)