Snow Man 佐久間大介×ラウール、年齢差と身長差ある凸凹コンビ 同じテンションではしゃぎ合う場面も

Snow Man

 1月20日にリリースした3rdシングル『Grandeur』が、オリコン週間シングルランキングで初登場1位に輝いたSnow Man。今年度最高となる初週売上80.2万枚を記録し、ますます勢いに乗る。表題曲の「Grandeur」はアニメ『ブラッククローバー』(テレビ東京系)のオープニングテーマにもなっており、アニメオタクとして知られているメンバーの佐久間大介にもさらに注目が集まっていきそうだ。グループとして勢いに乗るSnow Manだが、メンバーそれぞれのソロ活動も順調そのもの。先日は、最年少のラウールが主演を務める映画『ハニーレモンソーダ』の公開日が7月9日に決定したこと、追加キャストの発表などがあり、盛り上がりを見せている。そこで今回は、佐久間大介とラウールのコンビ“さくラウ”に注目してみたい。

 佐久間は身長168cm、ラウールは身長190cm近いとも言われており、11歳の年齢差とともに身長差もあるコンビだ。2020年の『音楽の日』(TBS系)で「KISSIN’ MY LIPS」をパフォーマンスした時も、椅子に立ってラップをする佐久間が前に立っていたラウールにすっぽり隠れてしまうというハプニングがあった。2020年8月20日放送のラジオ番組『Snow Manの素のまんま』(文化放送)でもこの話題が上がっており、「誰が歌ってんの? ってなったよね」(佐久間)、「次のパフォーマンスから、俺しゃがむって」(ラウール)とワイワイと話をしていた。

 身長も年齢も差がある凸凹感がある“さくラウ”の2人だが、同じテンションではしゃぐ姿は珍しくない。『Snow Manの素のまんま』でも2人でパーソナリティを務めると楽しそうに進行をしているし、公式YouTubeチャンネルにアップされている「『クイズ!正解はラウール』メンバー愛に溺れる!」で「ラウールの好きな所は?」という質問に佐久間は「一緒にゲームをしてくれるところ」と少年のような答えをしている。

Snow Man「クイズ!正解はラウール」メンバー愛に溺れる!

 さらに、YouTubeやISLAND TVの動画を見ていると、笑顔で佐久間と同じ動きを真似するラウールの姿も見られる。他にも「【クリアなるか?】色んな靴でボトルキャップチャレンジ!」などで、オープニングからハイテンションでふざけ合っている楽しそうな2人の姿が見られるので、ぜひチェックしてみてほしい。

Snow Man【クリアなるか?】色んな靴でボトルキャップチャレンジ!