嵐5人の挑戦する姿を追いかけてーー最新アルバム『This is 嵐』リリースまでの軌跡を辿る

 11月3日、嵐が17枚目となるアルバム『This is 嵐』を発売した。同作はアルバムチャートで初日売上枚数42.2万枚を記録し、見事初登場1位に輝いている(※オリコン調べ)。

 『This is 嵐』の内容は、大ヒットシングル「カイト」をはじめ、昨年から取り組んできたデジタルシングルも盛り込んだ全11曲を収録。初回限定盤(DVD/Blu-ray)、通常盤の3タイプでリリースされ、限定盤には「A・RA・SHI」をはじめとした過去のシングル曲をリプロダクションした“Rebornシリーズ”を収録したCDに加えて、MVやメイキングビデオを収録したDVD/Blu-rayが付属する。

嵐 – This is 嵐 [TV-SPOT]

 ベストアルバムを除けば、前作のオリジナルアルバム『「untitled」』から約3年ぶりのリリースとなった本作。嵐にとって21回目のデビュー記念日に、グループにとって令和初のアルバムをリリースしたことも感慨深いが、シンプルかつ堂々たるそのアルバムタイトルも、日本のトップアイドルとして君臨する嵐ならではのものだ。本稿では、改めて『This is 嵐』リリースに至るまでの流れを振り返ってみたい。

2019年、嵐はデジタルの世界へ

 2019年9月11日にシングル『BRAVE』をリリースした嵐。10月9日には、公式YouTubeチャンネルを開設し過去5作品のシングルMVを公開(「A・RA・SHI」「Happiness」「Love so sweet」「truth」「Monster」)、各サブスクリプションサービスでも同5曲の配信がスタートした。YouTubeのチャンネル登録者数は、開設からわずか約28時間で100万人を突破。衰えぬどころか勢いを増す嵐人気は、数字が物語っていた。

嵐公式YouTubeチャンネル誕生

 同年11月3日にはメンバーが顔を揃えて会見を行い、5つのSNS(Twitter、Facebook、Instagram、TikTok、Weibo)でアカウント開設を発表。同時に、初のデジタルシングル「Turning Up」をリリース。さらに12月20日には「A-RA-SHI: Reborn」を配信。ここから過去作品のリプロダクション“Rebornシリーズ”がスタートした。

 さかのぼること2019年8月8日。松本潤がニューヨークでYouTube音楽部門総責任者Lyor Cohen氏と対面を果たした。Netflixにて全世界独占配信中の『ARASHI’s Diary -Voyage-』では、デジタル解禁前からの動向が収められている。松本は、アメリカをはじめとする世界各国で嵐の楽曲を聞いてもらえるよう、デビュー日である11月3日に配信したい意向を伝えた。この時点ではまだYouTubeは未開設。それを聞いたLyor氏は「開設と曲の発表が同時ではいけない」と早急に開設して登録者数を増やしておくようアドバイスした。これに端を発し、怒涛のデジタル展開が始まったのだ。

『ARASHI’s Diary -Voyage-』 第12話 予告編 – Netflix