NiziU AYAKA、たゆまぬ努力でオーディション中に飛躍 観る人を笑顔にする存在感と意外性が魅力に

 『Nizi Project』から誕生したグローバルガールズグループ・NiziUのメンバー9人によるデビューまでの軌跡を、彼女たち自身のインタビューを基に明らかにしていく特別番組『NiziU 9 Nizi Stories』がHuluにて配信中。今回は、同番組第5回でスポットが当てられたNiziUメンバー・AYAKAの魅力を紐解く。

 「AYAKAは、存在してるだけで笑顔になれる」――『NiziU 9 Nizi Stories』内でメンバーのRIOから飛び出したこんなコメントに、思わず頷いてしまった視聴者も多いのではないだろうか。

 だが番組内では「ぽわぽわしてる(RIMA)」といった印象と共に、「色んな意味でギャップがすごい(MAYUKA)」という声も上がっていたとおり、そのおっとりとして可憐なイメージからは意外にも思える魅力が隠れていることも明かされていた。

 AYAKAの持つ意外性の片鱗は、地域予選において「このままデビューしても歌手を続けられないと思います」と評され「アイドルが夢ですか?」「どれくらい切実な夢ですか?」と意思を確認された際、目の前のJ.Y. Parkを見据えて「アイドル以外にはなりたくないくらいです」と語った彼女の姿に表れていたように思う。

 「(これから)一生懸命習う準備が出来ていますか?」「本当に約束しましたか?」という問いにすべて即答していた当時の心境を、本人は「私は一度決めたことは全部やり遂げる性格なので頑張ろうと思いました」と振り返ったが、その強い想いはJ.Y. Parkと対峙する彼女のまなざしからも伝わるものだった。

 実力不足を指摘されながら、スター性とデビューへの意志を見出されたことで東京合宿への参加を果たしたAYAKA。しかし、その後の彼女を待ち受けていたのは厳しい試練の連続だった。

 自主練習を重ねて迎えた東京合宿のダンス審査では、パフォーマンス中に曲を中断され「この前に比べるとかなり上手くなっていた」とJ.Y. Parkに努力を認められながら「でも、この実力では歌手になれません。他の人より何倍も頑張らなくてはなりません」とシビアな現状を突きつけられた。また東京合宿・SHOWCASE後、韓国合宿行きのメンバー発表において最後に名前が呼ばれた際には、「私はまだ実力が全然足りてないので、選んでくださったことに恥じないように頑張ろうと思います」と語り涙をこぼしていた。